多摩版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

「多摩くらふとフェア2015」実行委員長を務める 久保 則俊さん 鶴牧在住 54歳

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

モノづくりの大切さPR

 ○…「大量生産の品にはない、造り手の心がこもった作品たちに出合ってもらえたら」。120を超える職人たちの品々が多摩中央公園に並ぶ「多摩くらふとフェア」。主催する実行委員会は、全員がボランティアだ。その中にあって、第2回から実行委員長を務める。「やる人がいなかったので」と苦笑するも、渉外担当として毎年、開催に向けて奮闘している。「私はただ肩書がついているだけで、委員のメンバー全員で作り上げてきたイベントです」と笑顔で話す。

 ○…2007年に松本市で開催されていたクラフトのイベントを知人から紹介され、見学に行った。その時に「世の中には凄いものを造っている人たちがいる。ぜひ多摩でもやりたい」との思いから地元での開催に奔走。第1回の実行委員長を務めた里森滋さんらとともにスタートさせた。大量生産品であふれるこの時代に「モノづくり」の大切さや「モノの価値」を伝える一助にと継続して行ってきた。「作品を造るうえで一つとして同じ物はない。だから来場者のメガネに適うものがあるはず。宝物を見つけてもらえれば」と微笑む。

 ○…今年で9回目を迎えるが、毎年異なる企画をと思案するも、その都度手続きや渉外に苦心してきた。昨年は、台風の接近に加え、デング熱騒動にも見舞われた。そうした混乱の中でも、実行委員のメンバーで知恵を出し合いながら開催にこぎつけ、1万9千2百人が来場した。来場者がお気に入りの作品を見つけ、笑顔になった瞬間や「また来るね」「来年も頼むよ」といった声が励みとなり、やりがいを感じる瞬間だという。

 ○…会社勤めの合間をぬって、1月から準備を進めてきた。今年は、例年より1カ月遅れの11月の開催。当日混乱が起きないよう、準備に余念がない。「スタッフ皆が来場者を”おもてなし”できるようにお待ちしています。ぜひ遊びに来てもらえたら」と、今年もイベントを盛り上げていく。

多摩版の人物風土記最新6

金成 祐行さん

多摩市が主催する創業に関する講座の塾長を務める

金成 祐行さん

府中市在住 54歳

9月9日号

森 修さん

落合でジムを運営しながら、40代の現役格闘家として活躍する

森 修さん

八王子市在住 48歳

8月26日号

榊 祐人さん

多摩市の50周年記念事業として上映される映画「10年後の君へ」の監督を務めた

榊 祐人さん

貝取在住 37歳

8月5日号

小巻 亜矢さん

サンリオピューロランドの館長を務める

小巻 亜矢さん

都内在住 61歳

7月22日号

中山 沢さん

サイクリストに呼びかけ、桜ヶ丘の「いろは坂」で清掃活動にあたる

中山 沢さん

桜ヶ丘在住 45歳

7月8日号

向後 亜希さん

落合にある動物病院の院長で先ごろ、ペットの飼い主向けの著書を刊行した

向後 亜希さん

稲城市在住 47歳

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook