多摩版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

映画『あの日のオルガン』の原作を書いた 久保 つぎこさん 鶴牧在住 76歳

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

「人に優しい」社会を

 ○…今年2月に映画化され、8月から全国で自主上映が始まった『あの日のオルガン』。1982年に上梓した『君たちは忘れない 疎開保育園物語』を改題し、映画と同じ題名で復刻版として出版され、映画の原作となった。「30年以上も前の作品が映画化されるなんてね。びっくりしました」と笑顔を見せる。

 ○…本好きだった少女時代。将来は文筆業に就くことを志し、大学ではひとまず国語の先生になろうと文学部へ。以後、桐朋学園演劇専攻科を経て、劇団民藝に入り『あゝ野麦峠』などの舞台に出演した。結婚後、3人の子どもを育て、生活費を稼ぐために童話を書き始めた。今回映画化された『あの日のオルガン』だけでなく、夫の友人だった宮崎駿氏からの依頼によって『となりのトトロ』の小説化も手掛けた。「編集者や童話作家の優れた先輩方に手助けされて、人運がとても良いんですよね」と笑顔で話す。

 ○…多摩市に転居してきたのは20年程前。地震が怖く、地盤の良い場所をと選んだのがこの地だった。「誰かと知り合いになりたい」と探している時に、図書館協議会委員の公募を見つけた。「作文の競争で負けたら物書きになれない」と一生懸命になって書いて応募。委員になることができた。それから、いろいろな多摩市民の人たちと出会い、ニュータウンならではの生活を始めた。

 ○…長く取り組んできているのが異世代との交流。息子の助けも借りて、ライブハウスに通い、若い人たちともよく話す。考えていることを言葉にしたいし、意見も聞きたい。そして反対意見を理解できる「人に優しい」社会をと願う。「多摩市ならではのお付き合いを、ゆっくりゆっくり」。そうやって言葉と言論を活性化する。それがこれからの目標だ。

多摩版の人物風土記最新6

矢田 浩明さん

「こどものまちたま(こたま)」を主催するチームミニたまの代表を務める

矢田 浩明さん

関戸在住 48歳

2月20日号

御山(みやま) 幸枝さん

2月22日(土)に開催される「アースビジョン多摩」の実行委員で司会を務める

御山(みやま) 幸枝さん

新宿区在住 39歳

2月6日号

大島 淳さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第47代理事長に就任した

大島 淳さん

豊ヶ丘在住 36歳

1月23日号

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

田村 直也さん

Jリーグ・東京ヴェルディで現役を引退し、セカンドキャリアを歩み出した

田村 直也さん

多摩市出身 35歳

1月1日号

塩田 明美さん

「多摩中学校地域学校協働本部」の代表を務める

塩田 明美さん

関戸在住 

12月12日号

槇野 稔さん

多摩消防署の署長に就任した

槇野 稔さん

市内在勤 54歳

11月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月29日~3月7日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク