多摩版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

生活に困窮するひとり親家庭に食品を配布する取り組みを進める 荒井 永理さん 聖ヶ丘在住 46歳

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

「つい親身に」つながり生む

 ○… きっかけは、昨年から広がる新型コロナの感染拡大。多摩市内の小学校が休校となり、給食で使用する予定だった食材が大量に余り「何とかならないか」と相談を受けたことが始まり。頭に浮かんだのが、コロナの影響を受け収入減などに悩むひとり親家庭の姿。「市内で貧困が要因とも思える、ひとり親世帯の痛ましい事件も起こった。何とかしなければという思いでした」

 ○…鍼灸師。聖ヶ丘でデイサービスを運営する。食事を提供し、運動指導やレクリエーションを企画するなど、高齢者らに「生きがい」をおくる毎日。積極的に利用者らに話しかけ元気づける日々だ。職業柄、様々なトラブルが目の前で起こるが、つい親身になって解決へと乗り出すのは昔からの性分。幼い頃はおてんば娘。今は聖ヶ丘の姉御といった存在だ。

 ○…自身もひとり親。子どもと共に虐待から逃げた経験をもつ。現在はハタチになる息子と生活するが、年ごろということもあり、最近あまり会話は弾まないのが正直なところ。ただ、看護系の学校に通う息子に対して成長を感じることもしばしば。虐待の悩みをもつ友だちに対して「『うちは理解のある家だから』と自宅に招き入れる姿に「そんな風に見てくれていたのか」とうれしさを感じたことも。姉御役の原動力となっている。

 ○…食品の支給を始めて1年が過ぎた。活動を通して、頼る場所がなく苦しんでいる家庭がいかに多いのか実感する時間にもなった。来月には活動の資金を高めるため、コインランドリーの事業を開始。売上の一部を使って、貧困世帯として見えずらい学生や高齢者らにも食品配布の間口を広げていく考えだ。「恩返しの気持ちで活動している。私も多くの人から助けられてきたから」

多摩版の人物風土記最新6

小巻 亜矢さん

サンリオピューロランドの館長を務める

小巻 亜矢さん

都内在住 61歳

7月22日号

中山 沢さん

サイクリストに呼びかけ、桜ヶ丘の「いろは坂」で清掃活動にあたる

中山 沢さん

桜ヶ丘在住 45歳

7月8日号

向後 亜希さん

落合にある動物病院の院長で先ごろ、ペットの飼い主向けの著書を刊行した

向後 亜希さん

稲城市在住 47歳

6月24日号

ライモイ・ヴィンセントさん

先月行われた関東インカレ(1部)のハーフマラソンで優勝した

ライモイ・ヴィンセントさん

国士舘大学4年

6月10日号

荒井 永理さん

生活に困窮するひとり親家庭に食品を配布する取り組みを進める

荒井 永理さん

聖ヶ丘在住 46歳

5月27日号

加藤 岳洋さん

オリジナルキャラクターを生み出し、地域の活性化につなげている

加藤 岳洋さん

諏訪在住 44歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter