神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

かつての相模川もう一度 市内NPOが関東百選に

社会

公開:2014年10月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
月に一回行われる草刈の様子
月に一回行われる草刈の様子

 NPO法人厚木の川の環境を良くする会(西井伯夫理事長・会員数10人)の活動拠点がこのほど、「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」に選ばれ、9月28日に一般社団法人関東地域づくり協会東京事務所で選定証が授与された。

 この選定は都市化が進む関東地域において、自然とともに生き持続可能な環境づくりを行う団体の支援が目的で、同協会と公益財団法人日本生態系協会の共催。現在の選定団体は83。同会は、相模川の水辺環境を回復させたことが評価され、選定を受けた。

 同会の活動範囲は、相模川の東名高速道路下付近から戸沢橋までの3万3千平方メートル。「50年前の生態系の復活」と「地域交流」を目的に、同会と相模川の花を咲かそう会(石井正芳会長)、相川小学校(中川洋太校長)の3団体が連携し活動。今後、付近小中学校など活動団体を増やしていくという。

 活動内容は、ビオトープ形成をめざした目標約1・5Kmの水路づくりや、絶滅危惧種カワラノギクなどの植物の栽培。広場や遊歩道の整備も少しずつ進められ、遊ぶ子どもや散策する人の姿も多くなっているという。

 コオロギやカニなどの生物が増えているなど、活動の成果は表れている。西井理事長は「自然のサイクルが戻りつつある。目標はホタルの復活。まだまだこれから」とめざす目標は高い。

愛甲石田駅近く家族葬専用式場「ゆかりえ」

家族葬から樹木葬。友引の日に無料相談会を開催しています。

https://www.fujimishikiten.co.jp/hall/yukarieaikouishida/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

春の火災予防運動

春の火災予防運動

3月1日から7日

2月22日

生徒が水墨画に挑戦

睦合東中

生徒が水墨画に挑戦

地元画家に学ぶ

2月22日

スポーツ感覚でゴミ拾い

スポーツ感覚でゴミ拾い

学生や企業が参加

2月21日

鳶尾のギャラリー写真展

鳶尾のギャラリー写真展

東京工芸大の学生撮影

2月20日

児童がバルーンリリース

清水小

児童がバルーンリリース

150周年記念で

2月20日

春一番の訪れと共に

春一番の訪れと共に

厚木市妻田 小鮎川沿い

2月19日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    2月16日

  • 厚木の宝

    厚木の宝

    2月16日

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook