神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

職場訪問 高速道路の安全を守る 神奈川県警高速道路交通警察隊

社会

公開:2015年4月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
今月1日の開所式の様子
今月1日の開所式の様子

 県内の物流拠点でもある厚木。東名高速や圏央道など、市民にとって高速道路はなじみ深い。今月1日には、あたらしく「さがみ分駐所」(市内中依知・圏央厚木IC)も開所した。

 そこで高速道路交通警察隊本部(川崎市宮前区)を訪問、伊東博志隊長(57歳)に話をきいた。

 高速道路交通警察隊(以下高速警察隊)は、1968(昭和43)年に東名高速の東京〜厚木間が開通した際、当時の交通機動隊(第一交通機動隊)に東名分駐所が設けられ、警部補19人、パトカー4台が2交代勤務で活動を開始した。その時の拠点は厚木インターチェンジ。その後、1971年に高速警察隊の設置が義務付けられたことで「神奈川県警察高速道路交通警察隊」が発足した。

 現在、隊員数は隊長以下208人。女性隊員も7人所属している。交通パトカー部隊は3個中隊編成で6小隊。市内には厚木分駐所と今回開所したさがみ分駐所がある。隊員の平均年齢は37・5歳。勤務は1勤務8時間の3交代制で、交通指導取締り、交通事故事件の捜査、緊急配備などの犯罪捜査の初期活動にあたっている。

圏央厚木ICにさがみ分駐所

 4月1日に開所した「さがみ分駐所」は、圏央道の県内部分全線開通に伴い設置されたもの。担当道路は圏央道の県内部分と新湘南バイパス。

 部隊は21人、パトカー等の車両は5台。施設には女性隊員専用の部屋も用意された。開所当日は、関係者が整列し、隊歌斉唱、県警交通部長の訓示など粛々と進められ、緊張感に包まれた式典が行われた。

 隊歌は部隊ごとにあり、今回新設されたさがみ分駐所のためには、第35代隊長が作詞。歌詞がふるっている。「相模の流れ 煌めいて 大山仰ぐ ハイウェー 山海つなぐ縦貫道 行け圏央の 若き獅子 赤灯一せん 輝きて ああ神奈川の高速隊」。

 最近は、高速道路内への自転車などでの立ち入りが多いのが課題だという。昨年1年間で立ち入りの110番通報は504件。保護したのは166人でその内、高齢者は76人。「新しい道路だけに利用者も迷う。多くの想定をしながらパトロールにあたりたい」と伊東隊長は話している。

この4月に着任した伊東博志隊長。警備課、公安第二課、APEC対策課など警備畑を歴任。警察官を志したころの「初心」を忘れずに職務にあたりたいと話した。
この4月に着任した伊東博志隊長。警備課、公安第二課、APEC対策課など警備畑を歴任。警察官を志したころの「初心」を忘れずに職務にあたりたいと話した。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

七夕コンサート

入場無料

七夕コンサート

7月7日 荻野運動公園

6月17日

6年ぶりに団員を募集

6年ぶりに団員を募集

市民芸術祭で第九に挑戦

6月15日

アンリツ冠試合に大興奮

はやぶさFC

アンリツ冠試合に大興奮

首位チームに快勝

6月14日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月14日

ミニバスで熱戦

厚木LC杯

ミニバスで熱戦

小5対象の大会

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook