厚木版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

安心に繋げる4つのグリーンホーム 社会福祉法人 清琉会

 「玉川グリーンホーム」(介護老人福祉施設)を中心に、「高松山グリーンホーム」、「愛甲グリーンホーム」(共にグループホーム)、「小町山グリーンホーム」(サービス付き高齢者向け住宅〈特定施設指定あり〉)の4つのグリーンホームを運営する社会福祉法人 清琉会が目指すのは、「途切れない安心」。

 「安心」とは個人個人が感じる主観的感覚で、それを感じる手段として「安全=客観的事実」や「職員としての信頼」が必要になってくる。

 高齢者介護の難しいところは、時間経過による予測がつきにくいこと。育児や教育であれば、「あと何年経つとこういった状況になる」などの計算ができるのに対して、高齢者介護は、「年数の経過とともにどの様な状況になるか」、予測はできても断言はできない。むしろ予測していなかった急激な変化が起こることの方が珍しくなく、そこに介護の難しさや将来に対する不安が生じてくる。

 清琉会の各グリーンホームは、施設種別も対象となる方もさまざま。「法人内ですべてが賄えるわけではなく、他の事業所や医療機関などさまざまなネットワークの構築に今後益々取り組んで参りますが、将来的な心身の状況の変化についても速やかに支援できる体制を整え、ご本人ご家族の安心に寄与したいと考えています」と話す。

社会福祉法人 清琉会

厚木市小野734-2

TEL:046-248-7778

http://seiryukai1989.com/

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク