厚木版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

地域と社会に開かれた病院に 沖縄徳洲会 湘南厚木病院

「地域に開かれた病院でありたい」との思いから開催した、昨年12月19日のロビーコンサート。院内が和やかな空気に包まれた
「地域に開かれた病院でありたい」との思いから開催した、昨年12月19日のロビーコンサート。院内が和やかな空気に包まれた
 昨年9月に開院12年目を迎えた、沖縄徳洲会 湘南厚木病院。26の診療科目と253の病床を完備する、地域密着型の総合病院だ。

 昨年4月には、救急科が診療科として独立。1年間で受け入れた救急車は2200台、救急外来受診者数は8千人を数えた。

 外傷整形外科手術を450件、心臓開心術は35件、ステントグラフト手術を20件と、同院が得意とする分野の手術を多数実施。また信仰上の理由で輸血ができない患者の高難度手術は、悪性疾患22件、良性疾患11件の計33件を成功させた。さらに予防医療にも力を入れており、胃カメラ4800件、大腸カメラは1700件を施行。黒木則光院長は、「日本人の3大死亡原因のひとつ、がん検診のニーズに対応できる体制をさらに充実させたい」と展望を語る。

 認知症への取組みとしては、アミロイドPETによる早期診断や治験薬開発など、時代に対応する医療の提供に努めている。

地域のニーズに応える―迅速・正確な医療を提供

 同院では、”病院に親しむきっかけになれば”という思いから隔月でロビーコンサートを開催。多くのボランティア演奏者が個性ゆたかな音楽で、聴く人を楽しませている。入院患者や外来受診者、地域の人も含め、ひととき同じ場所に集う人が和やかな空気を醸す。

 また予防医療強化の一環として、近隣企業に向けた医療講演を頻繁に実施。高血圧や糖尿病など、関心の高い病気を取り上げることで、健康増進を啓発する内容は、参加企業から好評の声を得ている。

 黒木院長は「より一層地域のニーズに貢献できるように、また病気と闘う患者さんにより良い医療で迅速・正確にサポートできるよう、職員一丸となって取り組んでまいります」と語る。

 地域と社会に開かれた病院として、湘南厚木病院の2018年が幕を開けた。

黒木則光院長
黒木則光院長
見る人の心を癒す、院内に飾られた絵手紙
見る人の心を癒す、院内に飾られた絵手紙

沖縄徳洲会 湘南厚木病院

神奈川県厚木市温水118-1

TEL:046-223-3636

http://www.shonan-atsugi.jp/

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

眠りを変えて元気に

眠りを変えて元気に

健康講座の参加者募集

1月26日~1月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク