厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

(PR)

呼吸器内科で気管支サーモプラスティ治療を導入 医療レポート 喘息は季節の変わり目に注意を 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
加志崎医師は日本呼吸器学会専門医・指導医で日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医。日本アレルギー学会専門医の資格も持つ。
加志崎医師は日本呼吸器学会専門医・指導医で日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医。日本アレルギー学会専門医の資格も持つ。

 体内に必要な酸素を取り込む「呼吸」。気管支や肺、胸膜など、呼吸器には感染頻度の高い臓器が多く、厚労省発表(2017年)の死因トップ10の5位に「肺炎」、1位のがん(悪性新生物)でも「肺がん」が1位に位置。また近年では高齢化に伴い「誤えん」による発病リスクも増えている。伊勢原協同病院(井上元保病院長)で治療にあたる呼吸器内科の加志崎史大診療副部長に話を聞いた。

 「季節の変わり目となる秋や春は、喘息の症状が悪化するシーズンになります」と加志崎医師。同院では気管支喘息の治療法として注目される「気管支サーモプラスティ治療(BT)」にも積極的に取り組んでいる。「BTは今年6月に気管支喘息に関するガイドラインでも重症喘息者の治療法として明記されました。太く変形してしまった気管支の筋肉を温めることで緩和させます。保険適応となる内視鏡治療で若い人には生活の質(QOL)を向上させるなどメリットも多い」と同氏は話す。

 また肺がんや肺気腫(COPD)等の患者も依然として多く、「感染リスクを下げるには、禁煙が予防の第一歩」と加志崎医師。同院では平日午前を中心に初診を受付けるが、詳細はHP等で確認を。「呼吸器疾患は咳などの自覚症状があることが多く、不安な方は人間ドックなどで肺機能の検査を受けることも勧めています。また長期間の自覚症状がある方は医療機関に受診を」と呼び掛ける。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

お顔も体も脱毛で美肌に

お顔も体も脱毛で美肌に

妻田南 フェイシャル専門店REI

9月24日号

スマホ購入でプレゼント進呈

ドコモショップ

スマホ購入でプレゼント進呈

厚木市内のショップ対象、さらに来店特典も

9月24日号

美容資格で未来明るく

美容資格で未来明るく

湘南ビューティーカレッジ

9月24日号

世界的半導体不足で在庫薄

エコキュート、電気温水器の交換はお早めに

世界的半導体不足で在庫薄

9月24日号

後回しにせず受診・検診を

医療レポートNo.34

後回しにせず受診・検診を

取材協力/東名厚木病院

9月17日号

秋の極上「栗きんとん」

秋の極上「栗きんとん」

季節限定 菓匠土門の伝統技

9月17日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook