厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

(PR)

呼吸器内科で気管支サーモプラスティ治療を導入 医療レポート 喘息は季節の変わり目に注意を 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
加志崎医師は日本呼吸器学会専門医・指導医で日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医。日本アレルギー学会専門医の資格も持つ。
加志崎医師は日本呼吸器学会専門医・指導医で日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医。日本アレルギー学会専門医の資格も持つ。

 体内に必要な酸素を取り込む「呼吸」。気管支や肺、胸膜など、呼吸器には感染頻度の高い臓器が多く、厚労省発表(2017年)の死因トップ10の5位に「肺炎」、1位のがん(悪性新生物)でも「肺がん」が1位に位置。また近年では高齢化に伴い「誤えん」による発病リスクも増えている。伊勢原協同病院(井上元保病院長)で治療にあたる呼吸器内科の加志崎史大診療副部長に話を聞いた。

 「季節の変わり目となる秋や春は、喘息の症状が悪化するシーズンになります」と加志崎医師。同院では気管支喘息の治療法として注目される「気管支サーモプラスティ治療(BT)」にも積極的に取り組んでいる。「BTは今年6月に気管支喘息に関するガイドラインでも重症喘息者の治療法として明記されました。太く変形してしまった気管支の筋肉を温めることで緩和させます。保険適応となる内視鏡治療で若い人には生活の質(QOL)を向上させるなどメリットも多い」と同氏は話す。

 また肺がんや肺気腫(COPD)等の患者も依然として多く、「感染リスクを下げるには、禁煙が予防の第一歩」と加志崎医師。同院では平日午前を中心に初診を受付けるが、詳細はHP等で確認を。「呼吸器疾患は咳などの自覚症状があることが多く、不安な方は人間ドックなどで肺機能の検査を受けることも勧めています。また長期間の自覚症状がある方は医療機関に受診を」と呼び掛ける。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

運転で社会福祉に貢献しませんか!

厚木市

運転で社会福祉に貢献しませんか!

40代〜60代が活躍中。空いている時間で社会貢献できます。

2月21日号

共に喜び合える安らぎの場

社会福祉法人厚木慈光会「ムツアイホーム」

共に喜び合える安らぎの場

2月21日号

在宅生活の継続へ日常生活を援助

厚木市 介護職

在宅生活の継続へ日常生活を援助

社会医療法人社団三思会いわしぐも

2月21日号

大切なのは「やさしさ」

医療レポートNo.23

大切なのは「やさしさ」

取材協力/介護老人保健施設 さつきの里あつぎ

2月21日号

待望のコンパクトSUV試乗車用意できました

フォルクスワーゲン

待望のコンパクトSUV試乗車用意できました

タウンニュース女性記者も乗ってみた

2月21日号

医療・ケアに携わる人の価値を尊ぶ

厚木市 認知症治療病院

医療・ケアに携わる人の価値を尊ぶ

医療法人社団やすらぎ会神奈川中央病院

2月21日号

「女性専用シェアハウス」という選択

”みんなで暮らす”新生活を始める―

「女性専用シェアハウス」という選択

厚木 シェアハウスK

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

看護職 働き方は無限大

看護職 働き方は無限大

3月1日 合同就職相談会

3月1日~3月1日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク