厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

子中保育園が奨励園 ソニー幼児教育支援プログラム

教育

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 2018年度ソニー幼児教育支援プログラムの入選発表がこのほど行われ、厚木市下荻野にある子中保育園(大塚貴史園長)が奨励園に選ばれた。

 同プログラムは、子どもたちの「なぜ?」を大切に、感性・創造性・主体性を育成する観点から、「科学する心」を育むことを目的に、2002年から始まった。今回は、全国30都道府県の幼稚園・保育所・認定こども園から146件の応募があった。

 同園は「科学する心を育てること〜0歳から芽生える“?(はてな)”の心〜」と題し、4、5歳児の3Rプロジェクトや、3歳児のハチミツプロジェクトなどに取り組んだ。

 3Rプロジェクトは、自園の畑で草むしりをしていたときに、「集めた草のゴミってどうするの?」という園児の一言から、環境問題に関心を持った。段ボールで手作りしたコンポストに生ゴミを混ぜ、ゴミが土に戻る様子を観察=写真。1カ月経つと、土に白いカビが発生し、顕微鏡で覗くと「小さな虫がいっぱい」と驚いた。その後、市資源化センターを訪れ、実際に缶やペットボトルの圧縮工程などを見学した。

 大塚裕子副園長は「リアルな体験をさせる保育を心がけている。今までやってきたことが専門家に評価されて嬉しい」と喜びを語った。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク