厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

【Web限定記事】子中保育園 「いいとこさがし」で育む協同性 保育実践研究で最優秀賞

教育

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市下荻野の子中保育園(大塚裕子園長)がこのほど、社会福祉法人日本保育協会主催の「第14回保育実践研究」で「最優秀賞」を受賞した。今後の保育内容の向上と充実に役立てるためのもの。

 最優秀賞を受賞した研究は、「『いいことさがし』で育まれる伝え合いと協同性」。これは5歳児(年長)クラスに荒れた雰囲気が生じ始めてから、問題解決までのプロセスをまとめたもの。

 昨年8月、5歳児クラスでは表情の硬さ、友だちの言動を保育士に言いつける、意地悪な言動、落ち着きのなさなどの問題点が見られた。これに対し、7月から保育士同士で相手の良いところを挙げる「いいとこさがし」を実践。担任の大野亜海保育士によると、「他者に認めてもらえる、または他者の良さを見つける嬉しさを5歳児にも感じてもらいたいと思い、9月に『いいとこさがし』を行った」という。

 「いいとこさがし」の流れは、【1】1回に1人の良いところを他のみんなでそれぞれ挙げる、【2】挙げられた良いところをホワイトボードに書き示す、【3】「いいとこさがし」の対象児からも質問や意見を言うことを可とした対話的な場にする、【4】挙げられた良いところは模造紙に表としてまとめ、あとからいつでも見られるようにする。

 5歳児クラス(8人)では、週1回1人ずつ実施。回数を重ねるごとに、子どもたちが挙げる良いところが、「おもしろい」や「やさしい」から、「はさみの使い方が上手」や「優しくてかわいい」「お絵描きが上手」など、具体的なものへ変化。また家庭にも広がり、保護者が園の活動に興味を持つだけでなく、実際の行動への結び付けになった。

 11月に8人全員の「いいとこさがし」が終了すると、「子どもたちは自分たちで話し合って物事を決めようとする態度が身につきました」と大野保育士。また「みんな表情が柔らかくなり、穏やかになった。困っていると自然に助けるようになった」と感想を話す。

 評者からは「思いやりや優しさのある子どもを育む『こころ』保育のエクササイズとして参考になった」と評価された。

大野保育士は、「このような賞を受賞できたことに、驚きが隠せません。友だちに対して興味を持ち始める姿、互いに認め合う姿など、日々自信に満ち溢れた子どもの変化を側で見ることができました」と喜びを話した。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

町長が長寿を祝福

町長が長寿を祝福 社会

半原の福井チヨさん

11月27日号

高齢者とペットの暮らし

高齢者とペットの暮らし 社会

1月17日アミューあつぎ

11月27日号

地域と学校で思い出づくり

タウンレポート

地域と学校で思い出づくり 教育

厚木第二小学校と地区青少年健全育成連絡会

11月27日号

駅前に幻想的な光

駅前に幻想的な光 社会

ウインターイルミ点灯

11月27日号

佐宗選手初タイトル戦へ

厚木市在住

佐宗選手初タイトル戦へ スポーツ

「力を証明したい」

11月27日号

ATGサイレン灯

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク