厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

やさしさ循環する社会を ティラミスが青空おやつ初開催

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
青空の下、クレヨンで思い思いに描いていった
青空の下、クレヨンで思い思いに描いていった

 「やさしさを中心とした生活で、小さな社会を作りたい」──。

 厚木市幸町のデザイン事務所ティラミスが8月9日、厚木中央公園で子どもを対象としたイベント「青空おやつ」を初めて開催した。

 毎年出店している厚木市緑のまつりの中止を受け、「代わりにできることはないか」、と模索していた。コロナ禍のストレスがたまる生活の中で、一番影響を受けているのは子どもたちでは、との思いに至り、やさしさで循環する小さな仕組みをつくりたいと思ったという。

 同イベントは、子どもが自由に参加でき、参加するとおやつをもらえる仕組み。今回のテーマは「いま、どんな気持ち?」。21人が参加し、画用紙にクレヨンで、自分の気持ちを描いていった。参加した子どもにはラムネが配られた。同事務所の鈴木ようこさんは「おやつ目当てで描き始めた子も、描いているうちに楽しくなってきている様子を見て、こちらも嬉しくなった」と感想を話した。

 なお、子どもたちが描いた絵はウェブストア(https://aozoraoyatsu.stores.jp/)で販売され、その売り上げが次回のおやつ代となる。鈴木さんは「大人が絵を買うことによって、通貨はやさしさに変換されて繋がっていく」と話す。同イベントは、月に1回開催される予定。詳細はHP【URL】https://tirami-su.com/aozoraoyatsuへ。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

気持ちをひとつに支援を届けていく

ごちゃまぜフェス

ごちゃまぜフェス 社会

アミューあつぎで15日まで

8月12日号

息ぴったり囃子が復活

地球温暖化の専門家語る

地球温暖化の専門家語る 社会

20日(土) 厚木市文化会館

8月12日号

信念をもって奉仕活動

「ハラスメント対策」を学ぶ

厚木商工会議所・エキスパート情報部会

「ハラスメント対策」を学ぶ 経済

8月26日 午後3時半〜午後5時

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook