厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

園児が「楽書」を体験 子中保育園でワークショップ

教育

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
筆で半紙に丸を書く園児ら
筆で半紙に丸を書く園児ら

 厚木市下荻野にある子中保育園(大塚裕子園長)で11月30日、年長児を対象に「楽書ワークショップ」が行われた。「楽書」とは、絵であり字でもある古代文字を表現対象としている。同園では、年長児が園庭に砂絵を描いたり、廃材で独創性の高い作品を作ったりと創造力が高いと感じ、「自由に表現する」という活動を体験させたかったという。

 ワークショップでは、現代書家の西川梨世氏とオンラインでつなぎ、楽書についての解説や、古代文字の日から土までの曜日を体で表現する体操、カルタなどが行われた。その後、実際に筆を持ち半紙に古代文字を書いていった。初めての体験に、「丸く書くところが難しかった」や「思ったよりも簡単だった」など、さまざまな感想が聞かれた。

 大塚園長は「同じ文字でも表現の仕方に個性が出ていて、かつその個性の出方が各自一貫していることが興味深かった」と話した。西川氏は「みんなの笑顔を見ていると、保育園で一緒に同じ空間で実現出来たらと思った」と話した。

 なお同園では、12月5日のクリスマス発表会でライブアートを行う予定という。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「お正月を楽しんで」

第二森の里

「お正月を楽しんで」 社会

施設内に神社を設置

1月15日号

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ 社会

ラッピングでコロナ禍に元気を

1月15日号

小中学校で役立てて

【Web限定記事】

小中学校で役立てて 社会

町婦人団体連絡協議会が雑巾寄付

1月15日号

選挙啓発ポスター展示

【Web限定記事】

選挙啓発ポスター展示 文化

あつぎロードギャラリー

1月15日号

食と農の大切さ伝えたい

【Web限定記事】

食と農の大切さ伝えたい 社会

青空クラブが市内保育所に農産物寄贈

1月15日号

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長

【Web限定記事】

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長 経済

3月31日(水)まで使用可能に

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク