厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

子中保育園が2年連続優良園 ソニー幼児教育支援プログラム

教育

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena
バッタを食べるカエルの映像を見る子どもたち
バッタを食べるカエルの映像を見る子どもたち

 2020年度「ソニー幼児教育支援プログラム」の入選発表がこのほど行われ、厚木市下荻野にある子中保育園(大塚裕子園長)が2年連続の優良園に選ばれた。

 同プログラムは、「科学する心を育てる」ために、日々の子どもの姿や記録をまとめた論文を募集し審査するもの。今回は、全国の幼稚園・保育園・認定こども園から136件の応募があった。

生き物の生と死から学ぶ

 同園では昨年7月、近隣農家からオタマジャクシをもらったことをきっかけに、4、5歳児が生き物の生と死から学ぶ姿を記録。オタマジャクシがカエルに成長すると、子どもたちはエサとなるバッタを捕まえることに夢中になった。また、その捕まえたバッタを食べるカエルの姿を、興味津々の様子で見ていたという。

 同年8月には飼っていた6匹のカエルのうち、3匹が逃げ出し残りのカエルも死んでしまった。カエルの死骸を土に埋めると、近くにいたアリがカエルの死骸を食べ始めたという。そこから、食物連鎖や、生き物の生と死について考える契機となった。

 同園では昨年度、バッタの死を通して、自分の意見を言い合える環境づくりの大切さを実感したという。大塚園長は「生き物の生死に留まらず、多様性を認め合う観点からもテーマの広がりがある」と話した。また、優良園の受賞を受け、「生き物に対し愛情を持って接することができた。他者に対しての眼差しが生み出した結果。嬉しい」と喜んだ。

 審査講評では、「人と違う考えを言い合える=多様性を認め合う」ことに焦点を当て、生き物の生と死に向き合う子どもの姿を通して「科学する心」と対峙する取り組みが評価された。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook