厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

ZOOM UP 親子でヘアドネーション 厚木市下荻野 田崎直子さん・理紗さん

社会

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
カットした髪を手にする田崎直子さん(右)・理紗さん(左)。これから自分たちで髪を送る準備をするという
カットした髪を手にする田崎直子さん(右)・理紗さん(左)。これから自分たちで髪を送る準備をするという

 ▽小児がんや白血病、脱毛症、事故などにより髪に悩みを持つ子どもたちのため、髪の毛を寄付し、医療用ウィッグを病気と闘う子どもたちに無償提供する「ヘアドネーション(髪の寄付)」活動。現在では、その認知も広まり、多くの人が活動に協力している。厚木市下荻野の田崎直子さん(40)・理紗さん(11・三田小5年)親子も、そんな子どもたちに少しでも役に立てればという思いから、この夏、親子でヘアドネーションに挑戦した。

 ▽ディズニープリンセスに憧れ、生まれた時から髪を伸ばし続けていた理紗さん。競泳の池江璃花子選手の報道からヘアドネーションの存在を知り、「自分にできる事は何だろう」と髪の寄付を決意したという。それからは親子でヘアドネーションについて調べ、準備を開始。母の病をきっかけに、すでにヘアドネーションを知っていたという直子さんも、今回の娘の挑戦が一緒に参加するきっかけになったという。本厚木駅北口の美容院で7月23日に理紗さんが約70cm、25日に直子さんが約40cmの髪をヘアドネーション用にカットしてもらった。

 ▽生まれて初めて髪をカットしたという理紗さん。腰まで伸びた髪は肩までの長さになりスッキリ。カットした髪の毛の重さは1キロ近くになったという。「抗がん剤治療や白血病など、髪を無くした人の役に立ちたい」と理紗さんは話す。カットされた髪の毛は自宅に持ち帰り、自分で寄付先に郵送する。直子さんも「この髪の寄付が少しでも世のためになれば嬉しい」と笑顔で話した。

ヘアドネーション用にカットしてくれる美容院で
ヘアドネーション用にカットしてくれる美容院で

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

ワンだふるな写真を展示

ワンだふるな写真を展示 社会

11月10日まで 「あつめ木」

10月22日号

高速大容量に環境整備

神奈川工科大

高速大容量に環境整備 教育

第1期竣工祝う

10月22日号

平和の尊さを後世に

平和の尊さを後世に 社会

清川で二つの企画展

10月22日号

治療と仕事の両立をサポート

治療と仕事の両立をサポート 社会

(一社)がんと働く応援団

10月22日号

ざる菊 色鮮やかに

ざる菊 色鮮やかに 文化

5000株が見ごろ

10月22日号

愛犬としつけを学ぼう

愛犬としつけを学ぼう 教育

11月13日に教室実施

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook