神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

南米原産「ペピーノ」 東京農業大学 ブランド化めざし試食会 関係者招きアンケート

社会

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
山口市長に試食品を説明する高畑教授
山口市長に試食品を説明する高畑教授

 東京農業大学・厚木キャンパスで研究が進められている、南米原産の果物「ペピーノ」。昨年には厚木市の農産物ブランドをめざして、産・官・学連携によるプロジェクトチームを発足し、活動を進めている。

 同プロジェクトでは、新たに収穫されたペピーノを使った試食会を3月5日にプロミティあつぎで実施。山口貴裕市長をはじめ、関係者らを招き、実食によるアンケート調査を行った。

 ペピーノは南米原産のナス科の野菜で、同大学によると「メロンや洋ナシのような風味」のある果実。1983年に輸入され、栽培が始まるも糖度が上がらず、定着しなかったという。同大の高畑健教授が研究を進め、2017年には高糖度化の特許を取得。今も研究が進められている。

 試食会当日は、ペピーノの生果、(株)ヤマモトヤによるサンドウィッチ、JAあつぎによるジェラート、(株)アーバンによるジャムの4種類が用意され、参加者は味を確かめながら、商品イメージ・味・食感・価格・リピートなど7項目について真剣にアンケートに記入していった。

 高畑教授は「厚木市からの支援は本当にありがたい。厚木市でのブランド化しか考えていない。ワクワクするものを作りたい」とあいさつ。

 試食を終えた山口市長は「前回より甘くなっていて美味しく期待できる。ペピーノブームを厚木から発信できるように、その思いを共有していきたい」と話した。

 同プロジェクトは今年度の市農産物等ブランド化推進事業交付金に採択され、3カ年かけてブランド化を進めていく。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

6年ぶりに団員を募集

6年ぶりに団員を募集

市民芸術祭で第九に挑戦

6月15日

中学校用教科書を展示

中学校用教科書を展示

6月中に厚木市内各所で

6月14日

アンリツ冠試合に大興奮

はやぶさFC

アンリツ冠試合に大興奮

首位チームに快勝

6月14日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月14日

ミニバスで熱戦

厚木LC杯

ミニバスで熱戦

小5対象の大会

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook