神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2018年4月6日 エリアトップへ

伊勢原市森林組合 市産材の学習机を寄贈 大山小に35台 木育も実施

社会

公開:2018年4月6日

  • X
  • LINE
  • hatena

 伊勢原市森林組合(平田光一代表理事組合長)は3月22日、大山小学校(塩川幸恵校長)に市内産のスギ材を使った学習机35台を寄贈。寄贈式に合わせて机と同じスギ材を使った「木育」を実施した。

 市森林組合は1968年に大山・比々多・高部屋の3つの森林組合が合併して伊勢原町森林組合として設立された。現在は市内の森林所有者約600人が所属。市内の山を中心とした木材生産をはじめ、森林調査や保護活動、企業等の森林活動支援などを通じて森林づくりに取り組んでいる。

 寄贈は農林中央金庫からの助成金約100万円を活用して行われたもの。同組合では一昨年も市内の公園に木製のベンチを寄贈している。

 今回寄贈された机は全部で35台。天板に市内産のスギ材が使用されている。市森林組合によるとスギ材は軽くて使いやすい反面、学習机としては柔らかく、そのままでは利用に不向きな木材。そこで組合では広島の企業に依頼して天板の両面にPET樹脂コーティングを施すことで強度を確保し、軽さと強度を兼ね備えた机になったという。机は4年生から6年生が利用する。

 当日の寄贈式には同校の児童をはじめ、平田組合長、農林中央金庫の有田吉弘関東業務部長、高山松太郎市長らも出席。高山市長から感謝状が手渡された。

 また寄贈式に続いて、同じ市内産のスギ材を使ったペン立てを組み立てる「木育」も実施。児童たちは森林と林業について学びながらペン立てを製作した。同組合の代表理事専務・石井洋三さんは「身近な自然が有効活用され机になったことを知ってもらい、より木に親しみを持ってもらいたい」と話した。

 組合では今後、児童から使い心地などを聞き取り、同様の市産材を使った学習机を都心部に向けて販売していく考えだ。

全員でペン立てを製作
全員でペン立てを製作

伊勢原版のトップニュース最新6

今夏一番の笑顔に

今夏一番の笑顔に

7月27日、28日 大納涼まつり

7月19日

小島真依選手が関東へ

剣道正孝塾

小島真依選手が関東へ

県代表で国体出場狙う

7月19日

2選手が初の全国へ

伊勢原高校ライフル射撃部

2選手が初の全国へ

県予選会で好成績

7月12日

周辺企業などと初の連携

県央やまなみ5市町村

周辺企業などと初の連携

名称も変更し新たな門出

7月12日

体験通じ福祉に触れよう

伊勢原市社会福祉協議会

体験通じ福祉に触れよう

サマースクールを開講

7月5日

ジェフ入りが内定

産業能率大猪狩選手

ジェフ入りが内定

「結果に拘り続けたい」

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook