伊勢原版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

伊勢原市森林組合 市産材の学習机を寄贈 大山小に35台 木育も実施

社会

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市森林組合(平田光一代表理事組合長)は3月22日、大山小学校(塩川幸恵校長)に市内産のスギ材を使った学習机35台を寄贈。寄贈式に合わせて机と同じスギ材を使った「木育」を実施した。

 市森林組合は1968年に大山・比々多・高部屋の3つの森林組合が合併して伊勢原町森林組合として設立された。現在は市内の森林所有者約600人が所属。市内の山を中心とした木材生産をはじめ、森林調査や保護活動、企業等の森林活動支援などを通じて森林づくりに取り組んでいる。

 寄贈は農林中央金庫からの助成金約100万円を活用して行われたもの。同組合では一昨年も市内の公園に木製のベンチを寄贈している。

 今回寄贈された机は全部で35台。天板に市内産のスギ材が使用されている。市森林組合によるとスギ材は軽くて使いやすい反面、学習机としては柔らかく、そのままでは利用に不向きな木材。そこで組合では広島の企業に依頼して天板の両面にPET樹脂コーティングを施すことで強度を確保し、軽さと強度を兼ね備えた机になったという。机は4年生から6年生が利用する。

 当日の寄贈式には同校の児童をはじめ、平田組合長、農林中央金庫の有田吉弘関東業務部長、高山松太郎市長らも出席。高山市長から感謝状が手渡された。

 また寄贈式に続いて、同じ市内産のスギ材を使ったペン立てを組み立てる「木育」も実施。児童たちは森林と林業について学びながらペン立てを製作した。同組合の代表理事専務・石井洋三さんは「身近な自然が有効活用され机になったことを知ってもらい、より木に親しみを持ってもらいたい」と話した。

 組合では今後、児童から使い心地などを聞き取り、同様の市産材を使った学習机を都心部に向けて販売していく考えだ。

全員でペン立てを製作
全員でペン立てを製作

伊勢原版のトップニュース最新6

あすから市民文化祭

あすから市民文化祭 文化

11月9日まで 26団体参加

10月11日号

三浦尚文さんが初優勝

全日本マスターズ

三浦尚文さんが初優勝 社会

走幅跳65〜69歳クラス

10月11日号

防災音頭を披露

防災音頭を披露 社会

10月6日 大原児童公園で

10月4日号

安全な食事介助を学ぶ

安全な食事介助を学ぶ 社会

講座でサポーター養成

10月4日号

匠の技術 マウスパッドに

竹内型材研究所

匠の技術 マウスパッドに 経済

サラサラ スルスルを追求

9月27日号

地元で初の世界防衛戦

谷山ジムBigbang

地元で初の世界防衛戦 スポーツ

11月3日 総合運動公園

9月27日号

「大山こま」の香合発売

「大山こま」の香合発売 社会

新たな名産に期待

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古代の歴史散策

参加者募集

古代の歴史散策

講演会と史跡巡り

10月20日~10月20日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク