神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2019年8月23日 エリアトップへ

伊勢原市 屋外27施設にAED設置 夜間など緊急時にも対応

社会

公開:2019年8月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
設置されたAEDボックス
設置されたAEDボックス

 伊勢原市は、AED(自動体外式除細動器)を市内公共施設27カ所の屋外に設置。8月1日から運用を開始した。スポーツ団体がグラウンドを使用する際や地域行事の際にも使用でき、休日や夜間など施設の閉鎖時にも迅速な処置が可能になった。

 市消防本部によると、現在伊勢原市内には、公共施設をはじめ事業所や店舗など、162カ所にAEDが設置されている(市消防本部登録分)。しかし、これまで公共施設では学校の保健室や公民館の受付など、建物内に設置されていたため、休日や夜間など施設の閉鎖中の使用が難しかった。そこでこのほど、AEDの効率的で円滑な利用を促し、心停止の救命を促進することを目的に、一部の公共施設でAEDを屋外に設置した。

 今回屋外に設置されたのは、市が管理する35施設のうち、夜間に警備員が常駐する市役所などを除いた27施設。内訳は市立小中学校14校(小学校10校・中学校4校)、市立公民館7館、行政センター体育館(旧青少年センター体育館)、市立武道館、すこやか園、伊勢原シティプラザ、市消防署南・西分署。収納ボックスに入れて設置し、真夏の直射日光や真冬の寒さにも耐えられる構造になっている。ボックスの扉を開けると警報が鳴り、周囲に緊急時であることを知らせるほか、盗難防止の役割も担っている。

 AED本体は屋外でも見やすい高輝度カラー画面によるイラストメッセージが表示され、音声ガイドが聞き取りにくい環境や、聴覚障がい者にも操作がしやすい最新機種になっている。

 市消防本部によると、AEDの屋外設置は、県内では茅ヶ崎市、相模原市、大和市、海老名市、二宮町ですでに実施。また市内でAEDが実際に使用された事例は、過去5年はないという。「休日に開催される地域のイベントなどでも、近隣住民が安心して施設を利用できるようになり、緊急時には迅速な救命につながる」と担当者は話す。

費用は1100万円

 今回市では、屋外に設置する27施設を含めた35の公共施設でAEDの入れ替えを行った。これは5年間のリース契約更新に伴うもので、費用は約1100万円。35台のほか、貸出用2台、訓練用4台の計41台が導入された。

伊勢原版のトップニュース最新6

母子手帳とともに絵本を

またよみ協会

母子手帳とともに絵本を

お腹の子に読み聞かせる

5月24日

「好きこそ無敵」

女子プロボクシング世界チャンピオン

「好きこそ無敵」

松田恵里選手 緑台小で講演

5月24日

高校生直木賞で全国へ

自修館添田裕樹子さん

高校生直木賞で全国へ

「楽しんで話したい」

5月17日

公園愛護の7団体を表彰

公園愛護の7団体を表彰

地域での継続的活動称え

5月17日

石田自治会が創設100周年

石田自治会が創設100周年

新会館建設、記念誌を上梓

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook