神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2023年7月14日 エリアトップへ

田んぼでアヒルが大奮闘 加藤花園で無農薬米作り

文化

公開:2023年7月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
アヒルたちを見守る加藤さん一家
アヒルたちを見守る加藤さん一家

 市内下糟屋の水田で、かわいいアヒルのひなたちがピヨピヨ鳴きながら泳ぎ回り、害虫や雑草をついばみながら米作りに奮闘中だ。加藤花園を営む加藤重治さん、京子さん一家が行うアヒル農法が注目を集めている。

 加藤さん夫婦は現在、エディブルフラワー(食用花)などの花き栽培を中心に営む。娘の棚橋蘭さんが中央農業高校の教員として勤めていた縁で、アヒル農法を知り、2019年から無農薬のアヒル米作りを始めた。

 アヒルはその温厚な性格から集団で行動し、人にも慣れやすいという。また、アヒルは、稲とともに大きく成長し、害虫や雑草を食べる量などもアイガモより多くなるとされている。さらに、水かきが大きいことから泳ぎ回ることで水田内に酸素が行きわたり、土が稲の株元に寄って倒れにくくなるなどの効果もあるようだ。

 日中は鳴き声をあげながら、せっせと田んぼの中を泳ぎ回るアヒルたちを一目見ようと近隣の住民や保育園・幼稚園児などが散歩のついでに訪れている。

 加藤さんらは6月7日に田植えを行い、稲が定着した7月5日に16羽のアヒルのひなを放した。アヒル米栽培用の約10アールの水田にはイタチなどの有害鳥獣の被害を避けるため電気柵とネットで囲い、カラスやトンビの被害を防ぐために糸を張り巡らせた。

 アヒル米として生産しているのは「はるみ」で10月ごろに約500kgの収穫を予定している。アヒルによる効果で通常の田に比べて獲れ高は若干多めになるという。

 京子さんは「大山を見渡す田んぼとかわいいアヒルのおかげで地域の方々の憩いの場となっています」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

高校生直木賞で全国へ

自修館添田裕樹子さん

高校生直木賞で全国へ

「楽しんで話したい」

5月17日

公園愛護の7団体を表彰

公園愛護の7団体を表彰

地域での継続的活動称え

5月17日

石田自治会が創設100周年

石田自治会が創設100周年

新会館建設、記念誌を上梓

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

後世に伝えたい

伊勢原女性農業者連絡協議会

後世に伝えたい

「伊勢原の食と行事」発刊

5月3日

市が購入費用を助成

自転車用ヘルメット

市が購入費用を助成

1個につき最大2千円

5月3日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook