神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

伊勢原高弓道部 東日本大会出場へ 上位入賞めざす

スポーツ

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
大会の代表メンバー
大会の代表メンバー

 伊勢原高校弓道部(星野陽子顧問)が3月22日(金)から24日(日)まで横須賀市内で開催される、第23回東日本高校弓道大会に出場する。

 昨年秋に開催された県新人戦に出場した同部。チームは重田淳希部長(2年)をはじめ、藤井爽介選手(同)、鈴木康介選手(同)、浜中蓮選手(同)、小松大希選手(同)、髙橋孜恩選手(同)、成瀬桃太郎選手(1年)の7人で構成された。

 弓道競技は28m先にある直径36cmの的に矢を的中させるもの。新人戦には県内から約100チームが出場し、代表3人が一人4本の矢を射る、計12本の合計を争う3人制で行われた。

 同部は1回戦で12本中9本的中し、勢いに乗ったまま2回戦に進出。2回戦は12本中5本の的中となり、1・2回戦の合計が14本で3校が並び、順位決定戦の末、5位に入賞し、東日本大会への出場権を獲得した。

 重田部長は「最初の1本目が重要になると思う。そこから良い流れを作って上位を目指したい。緊張しないように一つひとつ丁寧に自分たちの力を出し切りたい」と意気込む。

 顧問の星野教諭は「彼らには初めての大きな大会になる。緊張すると思うが、伸び伸びと力を出してくれれば良い結果につながると思う」と語る。

 3年前から同部のコーチを務める小倉正廣さんは「東日本大会は北海道、東北、関東などから強豪校が集まるが、普段の力を出して頑張ってほしい」とエールを送る。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

能狂言親子教室スタート

能狂言親子教室スタート

大山の伝統文化継承へ

6月14日

初の五輪出場に内定

競泳自由形眞野秀成選手

初の五輪出場に内定

「自己新で決勝めざす」

6月14日

三島さんユース日本記録

伊勢原高校

三島さんユース日本記録

フィンスイミング選手権

6月7日

ChatGPTの運用開始

伊勢原市

ChatGPTの運用開始

効率化やサービス向上へ

6月7日

市指定文化財に

南蓮寺本尊

市指定文化財に

木造阿弥陀如来立像

5月31日

「これからも進化続ける」

伊勢原ロータリークラブ

「これからも進化続ける」

創立55周年の節目祝う

5月31日

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook