逗子・葉山版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

(PR)

めがねの荒木 逗子店 手持ちの補聴器を徹底点検

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
補聴器職人が1点1点丁寧にメンテナンス
補聴器職人が1点1点丁寧にメンテナンス

「匠の技術」で最良の聴こえ

 逗子市役所前にある「めがねの荒木 逗子店」では、補聴器の世界的ブランドとして知られる「シーメンス」の専門アドバイザーを迎える「匠フェア」を6月17日(水)に実施する。

 「補聴器の匠(マイスター)」と呼ばれる技術者(シーメンス補聴器本社工房)が熟練の技を駆使して、現在使用している補聴器を500円のワンコインで調整・点検、クリーニングしてくれる。

 精密機器である補聴器の性能を維持するには、定期的なメンテナンスが欠かせない。加齢とともに聴力は衰えていくため購入時のまま、という訳にもいかなくなる。「現在の聴力に合わせて調整し、汚れなどを取り去ることで驚くほど『聞こえ』が快適になります」とマイスターはコメント。表面の着色なども専門技術で新品同様にリフレッシュしてもらえる。作業時間はじっくり時間を掛けて1人40分程度。シーメンス製品以外の補聴器も対応可能だ。

 性能に不満がある、オーダーメイドタイプを装用したいなど、補聴器の買い替えを検討している人の相談には同店で認定補聴器技能者の資格を持つスタッフが応じる。時間は午前10時から午後5時半まで。点検は完全予約制となる。

 申込みは逗子店【電話】046・870・5560

めがねの荒木 逗子店

逗子市逗子5-1-9 スズキビル1F(逗子市役所前)

TEL:046-870-5560

http://www.optical-araki.co.jp/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

所有不動産で困っていませんか?

ウスイホーム逗子店

所有不動産で困っていませんか?

無料相談・無料査定を実施中

1月7日号

社交ダンスで若返る!?

社交ダンスで若返る!?

コロナ対策万全、認知症予防にも

1月7日号

時流に乗って次のその先へ

学校法人 神奈川歯科大学 鹿島勇理事長インタビュー

時流に乗って次のその先へ

先見性と行動力でアフターコロナ、ウイズコロナの時代を乗り切ろうとする鹿島勇理事長が掲げる2022年のスローガンは「時流に乗って次のその先へ」。慎重かつ大胆に、将来に向けた大学・病院経営の成長戦略を進めていく。

1月1日号

知っておきたいインプラント

神奈川歯科大附属病院

知っておきたいインプラント

12月17日号

あのこだわり商品がお得に 半期に1度のセール開催

”噛める入れ歯”を諦めないで

”噛める入れ歯”を諦めないで

逗子みんなのための歯医者さん

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook