逗子・葉山版 掲載号:2017年10月6日号 エリアトップへ

商工会青年部 「子ども食堂の運営資金に」 事業の売上を全額寄付

社会

掲載号:2017年10月6日号

  • LINE
  • hatena
寄付を手渡す久木中3年の渡邊さん(写真中央)
寄付を手渡す久木中3年の渡邊さん(写真中央)

 逗子市商工会青年部(長岡武史部長)が昨年、創立50周年記念事業として実施した「あきんど塾」の売上約8万7千円を「ずし子ども0円食堂」に寄付した。事業に参加した久木中学校の生徒が先月27日、池子の体験学習施設を訪れ、草柳ゆきゑ代表にお金を手渡した。

 事業は経営者目線で地元の中学生に職業体験をしてもらおうというもので、久木中学校の当時2年生5人が参加。同青年部メンバーらのアドバイスを受けながら市場調査や原価率計算などを行い、昨秋の市民祭りにラーメン店を出店した。当日は生徒ら自らが調理や接客もこなし、300杯を完売する盛況ぶり。その後も事業の利益を地域にどう役立てるか、話し合いを続けてきた。

 部活動の備品購入や学校に寄付する意見もあがったが、「自分たちよりも年下の世代を支援したい」と月に2度、子どもたちに無償で食事を提供する活動を行っている同団体に寄付することに。

 同中3年の渡邊宥介さん(15)は「ここがより発展するために役立ててもらえたら」、草柳代表は「本当にありがたいこと。お皿を購入する費用に充てたい」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

4氏による争いか

次期衆院選

4氏による争いか 政治

神奈川4区 情勢分析

2月19日号

オンラインでの催し続々

オンラインでの催し続々 文化

市民交流センター企画

2月19日号

あの日の熱気 映像で

あの日の熱気 映像で 文化

逗子市民劇団なんじゃもんじゃ

2月19日号

年間最年少王者に

年間最年少王者に スポーツ

プロウインドサーファー杉さん

2月19日号

地域防災ともに考える

地域防災ともに考える 社会

来月11日に講演会

2月19日号

販促マスクケースが話題

販促マスクケースが話題 社会

テイクアウトメニュー付も

2月19日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月5日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク