逗子・葉山版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

(PR)

湘南鎌倉バースクリニック 「自然で安全なお産」を追求 助産師主体で女性をサポート

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
助産師が出産をサポート
助産師が出産をサポート

 「湘南鎌倉バースクリニック」(鎌倉市、日下剛院長)は2016年5月に開院した産科専門医院。助産師が主体となって「自然で安全なお産」を追求し、3年半で1千を超える新しい命の誕生に携わってきた。地域の産科医療充実にも貢献する同院の取り組みを紹介する。

 「当院では『自然で安全なお産』を実現するためにハード、ソフト両面から妊産婦さんをサポートしています」と話す日下院長。

 通院中は経験豊富な助産師が一人ひとりに寄り添ってケアするほか、病室は完全個室で家族と一緒に過ごすことができる。また「自宅のようにくつろいだ空間で出産を迎えられるように」と、たたみ素材を敷いた分娩室も導入し、分娩中でも自由な姿勢をとれるような工夫がなされている。

 最近ではアロマサロンと連携し、産前産後の心と体のケアを実践。一方で「リスクが高い」と判断された場合は、グループの湘南鎌倉総合病院と連携し診断、治療を受けることもできる。

 充実したサポート体制が評価を受け、これまでに1千件を超える出産が行われたほか「2人目、3人目もバースクリニックで産みたい」という「リピーター」も順調に増えている。助産師長の松本智恵さんは「良いお産をすることで赤ちゃんとお母さんの関係がより深まり、その後の子育ても良好なものになると言われています」と話す。

 グループ病院の「葉山ハートセンター」が10月から始めた「妊婦検診」にも医師、助産師を派遣している同院。日下院長は「私たちの考えに賛同して逗葉地区から通院している妊産婦さんが増加しており、毎回の健診往来の負担を少しでも軽減できればと始めました。当院で分娩予定でない妊婦さんも利用できますので、気軽にご相談下さい」と話している。

湘南鎌倉バースクリニック

鎌倉市山崎1090-5

TEL:0467-45-4103

https://www.sk-bc.jp/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

相続した不動産に困ったら

ウスイホーム逗子店

相続した不動産に困ったら

状況問わず即現金化

8月7日号

腎臓が寿命を左右する

神歯大附属病院

腎臓が寿命を左右する

尿が発するシグナルを察知

8月7日号

ふれあいと安心の生活を提供

シニア向け分譲マンションで、いつまでも自分らしく過ごす

ふれあいと安心の生活を提供

逗子ヘルス・ケア・マンション 無料の(個別)見学・相談会を開催

8月7日号

「良質肥料あります」

「良質肥料あります」

15kg入り1袋100円で販売

8月7日号

逗子に新たな集いの場

逗子に新たな集いの場

フラッグ逗子オープン

7月24日号

始めよう、中学受験の準備

小学3年生対象

始めよう、中学受験の準備

 啓進塾が夏期講習

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク