逗子・葉山版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

(PR)

神奈川歯科大附属病院 アルツハイマー病を早期発見 MRI画像のAI診断を活用

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 国内の認知症患者総数は600万人と推計されており、6人に一人が発症する計算だ。にもかかわらず、治療法は未だ存在していない。そうした中で新薬の登場という一筋の光明が差し込んだ。今年6月にアルツハイマー病(AD)の抗体治療薬が米国で承認され、実用化となった。これにより症状の進行を抑えることができるという。わが国でも来春の迅速承認が期待されている。

 神奈川歯科大学附属病院 認知症・高齢者総合内科の眞鍋雄太教授によれば「夢の治療薬といえるが、すべてのADに適応する訳ではない。極々早期の軽度認知障害のADが対象」と説明する。認知症を発症する前の早い段階でADの可能性を把握できれば、新薬を用いて進行を防ぐことが可能であり、先制的予防介入の重要さを説いている。

 そこで眞鍋教授は、ADと密接な関係のある海馬の萎縮状態がわかるMRI検査に着目。MRI画像=写真=をAIでデータ解析することで、個々に応じた予防策を提案できるという。同病院では、次世代型のMRI画像診断「Brain SuiteR」を導入しており、これを用いた検査を行っている。

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

そうだ、行政書士に相談しよう!

相続・遺言、成年後見、許認可、交通事故など

そうだ、行政書士に相談しよう!

取材協力/小林三千世支部長

10月22日号

メガネの「おしゃれ」相談会

めがねの荒木 逗子店

メガネの「おしゃれ」相談会

オプトコーディネーターの個別相談

10月22日号

「人間ドック」受診のススメ

神奈川歯科大附属病院

「人間ドック」受診のススメ

10月22日号

ダイヤや色石、高額査定

大黒屋逗子店

ダイヤや色石、高額査定

「質」の利用も増加中!

10月8日号

あなたの悩みや疑問を解消します

シニア向け分譲マンションで、いつまでも自分らしく過ごす

あなたの悩みや疑問を解消します

セミナーや居住者交流会など開催「秋の見学会」

10月8日号

時代と共に変化

三浦学苑高等学校 横須賀市

時代と共に変化

三浦学苑高等学校

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook