逗子・葉山版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

(PR)

神歯大附属病院 「歯周病」あきらめないで 抜歯しない治療の選択も

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 近年、内科医や外科医が注目している病気がある。細菌感染症のひとつである「歯周病」だ。サイレント・ディジーズ(静かな病気)と呼ばれ、忍び寄るように静かに進行する。歯を失う原因となるだけでなく、全身の病の進行や治りづらさにも深く関係するという。今春、神奈川歯科大附属病院 歯周病診療科長に就いた小牧基浩教授=写真=に聞いた。

* * * *

 「人間は産まれた瞬間から微生物との共生が始まり、身体の免疫力と微妙なバランスを取りながら生活している」と小牧教授。不適切な歯磨き、疲労やストレス、喫煙によってこのバランスが崩れると歯周病を引き起こすという。成人の10%に見られる「重度歯周炎」は、一般的な治療では歯を残すことが難しく、専門機関に掛かることがベストな選択となる。治療時に細菌が血管に侵入するため、基礎疾患を持つ人は特に注意を払う必要がある。

 同院では、かかりつけ医と情報交換を行い、内科で全身状態を把握した上で治療を進めている。他の歯科医院で抜歯すると言われた人が、歯の保存を希望して相談に訪れるケースもあるという。

 歯周病の治療は、歯石除去だけと思われがちだがそうではない。「我々は歯周病治療のエキスパート。生活習慣の見直し、抗菌薬、レーザー治療、エナメルタンパク質や成長因子を用いた再生治療であなたの歯を守ります」

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

専門家に聞いてみる

士業スペシャリスト×ウスイホーム

専門家に聞いてみる

不動産・相続対象の個別相談会

6月24日号

「認知症=もの忘れ」は誤解

神歯大附属病院

「認知症=もの忘れ」は誤解

正しく理解が治療の第一歩

6月24日号

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

小児訪問歯科診療を開始

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

取材協力/葉山こどものための歯医者さん

6月24日号

お腹の音を聴こう

お腹の音を聴こう

関東学院大で体験型プログラム

6月24日号

梅雨は天井・壁のシミに注意

梅雨は天井・壁のシミに注意

「雨漏り」前に対処を

6月24日号

「聞こえの不安を感じたら」

めがねの荒木 逗子店

「聞こえの不安を感じたら」

補聴器相談会6月26日まで

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook