ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 30日を守る神様

小田原

30日を守る神様

本立寺で三十番神 開眼
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
30体の像に目を入れる住職
30体の像に目を入れる住職

 先月28日、市内千代の光瑞山・本立寺(遠藤教温住職)の番神堂で、三十番神像の開眼供養が行われた。

 三十番神とは、熱田大明神や八幡大菩薩、稲荷大明神など、日本中に祀られている30の神々が1カ月30日を、毎日順番に国と人々を守ること。同寺の三十番神像は陶彫で、小さな三十番神像が多い中、ほぼ人間と同じ大きさとなっており、「他にはない珍しいもの」だという。

 当日は立教開宗という、開祖の日蓮が朝日に向かってお題目を唱え、日蓮宗の開宗を宣言した日にあたる。日蓮宗では毎年開宗会を輪番制で開催しており、この日は759回目の開宗会も同時に行われた。

 また、当日はちょうど『東日本大震災』の四十九日にあたる日。同会に集まった市内外の日蓮宗の住職たちと檀家らは、震災で亡くなられた方々が無事浄土に行けるよう冥福を祈った。
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野