小田原版 掲載号:2012年1月21日号

片浦小学校

申請者数は13人

小規模特認校制度の募集期間が延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然に囲まれた片浦小
自然に囲まれた片浦小

 今年4月から小規模特認校制度を実施する片浦小学校(高橋綾子校長・児童数55人)の転入生の募集が今月13日に締め切られた。1学年から6学年で45人の募集に対し届け出は13人だった(詳細は下記の通り)。

 この結果に対し市教育総務課の担当者は「募集人数には達していないものの、予想より多い応募だった」とコメント。しかし申請者数が募集人数に満たないため、3月30日(金)まで申請受付期間を延長することとなった。

 通学区域以外の市内全域から通学が可能となる小規模特認校制度。少人数ならではのきめ細かな指導をはじめ、地元住民らと連携した農園活動、芸術家による図工の授業が特長となっている。募集資格は保護者及び児童が市内に居住、卒業までの間小規模特認校に通学するなどの条件があるほか、申請書を提出する前に必ず同校の見学と親子面談が必要となり、交通費は自己負担となる。なお、同校では随時見学受付け中。問合せは片浦小学校【電話】0465・29・0250まで。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

自転車の秘めたる可能性

神輿宮入  トリは「西海子(さいかち)」

松原神社例大祭

神輿宮入 トリは「西海子(さいかち)」

4月23日号

神奈川の若手俳優が公演

ひとまずお別れ

二宮神社鳥居御用材

ひとまずお別れ

4月23日号

恐るべし、総構とブラタモリ

体験レポート【8】

恐るべし、総構とブラタモリ

4月23日号

リニューアルオープンまであと8日

平成の大改修 小田原城天守閣

リニューアルオープンまであと8日

4月23日号

星槎で夏のオープンキャンパス

学校をおもいっきり楽しむ!自分らしく過ごせる場所がある!

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク