身近な税を素直に表現 作文コンクール

教育

掲載号:2017年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 国税庁主催の「税に関する高校生の作文」コンクールが行われ、管内264作品の中から3作品が小田原税務署長賞に選出された。

 新名学園旭丘高の平子七佳さん(1年)は、関西から引っ越してきた際に感じた「粗大ごみの収集方法の違い」から、税の使い道を考察。「生活の身近な働きをしてくれている」と税の重要性を説いた。真壁正利署長は「感じたことを素直な言葉で表現しているのがよかった」と評し、平子さんは「受賞は正直びっくりしたが、うれしい」と笑顔をみせた=写真。管内のその他の税務署長賞は以下の通り。▽小田原東高…後藤りなさん(2年)▽吉田島高…高波美来さん(1年)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter