小田原版 掲載号:2018年9月29日号
  • LINE
  • はてぶ

福井国体、きょう開幕 14年ぶり出場で狙う下剋上 ソフトボール男子成年の部

スポーツ

 14年ぶりに国体出場を決めたソフトボール成年男子には、小田原を本拠地に活動するチームから8人の監督・選手が出場する。

 国立印刷局小田原の倉橋貴志監督(38)が代表チームを率い、高いミート力の勝呂昌宏さん(36)がDH、「初球から積極的に勝負強さをみせたい」と話す因幡鋭人さん(26)が1番打者・切り込み隊長を務める。貴重な左打者の石川和志さん(20)が「何がなんでも塁にでる」役割を果たし、「全球ホームランを狙いたい」と意気込む大胡田一輝さん(22)の一発が出るかにも注目だ。

 花王コスメプロダクツ小田原からは、池田空生投手(23)、服部祐介捕手(22)のバッテリーと、選球眼の良い笹本健太さん(25)が選出された。エースの池田さんは190cmの長身から繰り出すライズボールを中心に、緩急をつけた投球幅も持ち合わせる右腕。「大崩れせず、要所で抑えることができる」と女房役が評する通り、国体出場を掛けた関東ブロック大会でも3試合を完投した。

 今年新たに倉橋さんが監督に就任し「ソフトボールは一つのミスが点につながる。守備重視」でチーム編成した。チームも若返り「勢いがある」と全員が口をそろえる。現在練習試合を含め10戦負けなしで、倉橋監督は「まずは1勝。初戦の入り方がうまくいけば上へいける力がある」と視界良好な様子。強豪が西日本に多い「西高東低」の勢力図を書き換えるべく、狙うは「下剋上」だ。
 

小田原版のローカルニュース最新6件

蒼天塾(栢山)の益田さんが優勝

武道空手道選手権大会

蒼天塾(栢山)の益田さんが優勝

10月20日号

科学展 20人の児童生徒を表彰

エイジレス章に香川さん

豪州中高生が日本と県西満喫

秋バラ色濃く咲く

秋バラ色濃く咲く

10月20日号

有毒ガス災害を想定

県西地区消防行政協議会

有毒ガス災害を想定

10月20日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

体験しながら健康を知る

体験しながら健康を知る

28日 国際医福大で公開講座

10月28日~10月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク