若者の受診率向上に一役 女性バンドを広告塔に

社会

掲載号:2019年10月19日号

  • LINE
  • hatena
ザ・パーリーズのメンバー
ザ・パーリーズのメンバー

 小田原市は、がん検診など健康事業を周知する広告塔として「小田原健康づくりPR隊員」の新設を決めた。これにあたり、小田原を拠点に活動するガールズバンド「ザ・パーリーズ」を10月10日付で隊員に任命した。

 背景にあるのは、市内のがん検診や特定検診の低受診率。市では受診率の目標を50%に設定しているが、昨年度は胃がん+バリウムリスク検診が4・1%、乳がん検診が11・5%などいずれも大きく下回る。子宮がんは20代後半、乳がんは30代から増える傾向がある一方、若年層の受診率は低迷している。

 こうした現状に、従来と視点を変えた手段としてPR隊員の新設を決定。大相撲小田原場所の公式サポーターを務めたほか、市内の音楽イベントに参加していることから、その知名度などに期待してザ・パーリーズに就任を依頼したという。

 「がん検診などを受ける大切さを見つめ直し、市民の皆様と健康づくりの意識を高めていきたい」とメンバー。今後は音楽活動の場で検診の重要性を訴えていく。がん検診の問い合わせは【電話】0465・47・4724へ。

パーリーズが10周年で公演

 ザ・パーリーズは11月3日(日)、10周年記念公演を小田原市民会館大ホールで開催する。午後6時開演。チケットは自由席3150円、指定席5510円。ハルネ小田原街かど案内所などで販売中。

 チケットを読者10組20人に進呈する。希望者はハガキに住所・氏名・年齢・本紙の感想を明記し、〒250―0042小田原市荻窪306(株)タウンニュース社「パーリーズ係」へ郵送。10月23日(水)必着。詳細はザ・パーリーズ公式サイトへ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

EVで「新たな暮らし」推進

小田原市

EVで「新たな暮らし」推進 社会

日産各社と協定締結

8月15日号

鈴廣が開設ウェブで博物館

鈴廣が開設ウェブで博物館 社会

鈴木香里武さん監修

8月15日号

国道1号線をきれいに

国道1号線をきれいに 社会

「おだちん」とタイアップ

8月15日号

販売の楽しみ実感

販売の楽しみ実感 社会

ママのトライマルシェ

8月15日号

集え 「サムライ」 候補生

集え 「サムライ」 候補生 文化

殺陣ワークショップ

8月15日号

天下の険 「箱根山」に挑む

天下の険 「箱根山」に挑む スポーツ

ウォーキングチャレンジ

8月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク