地域の自立・連携が重要 関東自給圏サミット

社会

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena
講演する中井氏
講演する中井氏

 食料やエネルギーの自給、経済循環の視点から地域づくりを考える「関東自給圏サミット2019」が11月23日と24日、小田原お堀端コンベンションホールほかで開かれた。(一社)エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議と実行委員会が主催。サミットは2回目で小田原市では初開催。

 1日目は、農業や自然エネルギー事業の事業者が実践報告。タケノコを商品化しながら竹林整備を進める団体や、廃食油からバイオディーゼル燃料を製造し若者の就労支援を行う企業などが取り組みを発表した。

 基調講演では、環境省総合環境政策統括官の中井徳太郎氏が、気候変動や自然災害の増加など「地球は慢性病の状態」と指摘。各地域が課題やニーズに応じて地域資源を生かし自立・分散型の社会の形成すること、近隣地域と補完して支え合う「地域循環共生圏」の創造が重要だと訴えた。講演では小田原箱根商工会議所の鈴木悌介会頭も、地域経済団体とSDGsの取り組みなどを話した。
 

12/12 イヨダ人形大供養祭

予約不要。当日にイヨダ友の会入会で供養料0円。

https://www.iyoda-funeral.com/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

市役所に眠る作品に焦点

市役所に眠る作品に焦点 文化

7日からロビーで企画展

12月5日号

芝生化取り組みを紹介

芝生化取り組みを紹介 教育

学校関係者ら参加

12月5日号

今年は縁起物のみ出店

今年は縁起物のみ出店 文化

17、18日、飯泉観音だるま市

12月5日号

工夫凝らして呼びかけ

工夫凝らして呼びかけ 社会

小田原白梅LC(ライオンズクラブ)が献血

12月5日号

ボージョレ、露天風呂で乾杯

ボージョレ、露天風呂で乾杯 文化

箱根小涌園ユネッサン

12月5日号

自分らしさアートで表現

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク