(PR)

エコチル調査 学童期調査を開始 身体測定と認知機能を測る

掲載号:2019年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 エコチル調査の対象地区の一つである小田原市では、約1900人の子どもが調査に協力している。学童期調査は、対象となる小学2年生に今年7月から順次、市内のエコチル調査事務所で行われている。

 この調査では、子どもの身体的な成長と精神・神経面での発達について、全国で統一された機器と方法で直接、測定。これにより子ども本人の客観的なデータを集めることができ、「身の回りの化学物質や汚染物質が子どもの健康や成長、発達に与える影響」を解明するうえで大変役立つと考えられている。担当者は、「より実りのある調査にするため、今後ともご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

未来に貢献を

 身体測定で測るのは、身長、体重、体脂肪率、筋肉量。この結果はその場で受け取ることができる。もう一つは発達検査だ。私たちは日常生活の中で記憶力や空間認識力、集中力などの様々な「認知機能」を自然に使っているが、こうした機能は測定が難しく専門の検査が必要とされる。今回はパソコンを使い、ゲーム感覚でできるプログラムが用意された。

 学童期調査を終えた加藤里紗さん(7)は、「楽しかった。パソコンゲームみたいで集中できた」と感想を話した。流産の経験があるという母親の亨子さんは「この調査をすることで、要因など未来に役立つ何かが分かれば良いと思う」と期待を寄せる。

 調査スタッフは「これは、未来のお母さんに向けての調査。今の子どもたちがお父さん・お母さんになった時に、役立つような結果を出していきたい」と話した。

参加継続が成功の鍵

 エコチル調査の実施状況などを協議する「神奈川ユニットセンター運営協議会」が11月26日に開催された。神奈川県や小田原市、横浜市、大和市の職員や各地域の医師会関係者ら24人が出席。調査の状況や課題などを確認しあった。

 エコチル調査でよりよい成果を得るためには、参加者が調査に継続して協力してくれることが不可欠だ。協議会席上では、環境省環境リスク評価室長補佐の佐々木康輔さんが「少しずつ論文も発表され、成果が出てきた。これからも地域の関心を維持していくことが大切。皆さまの協力が必要です」と呼びかけた。

 調査の進捗状況は、神奈川UCの質問票の回収率が開始当初から全国平均よりも高いことが報告された。調査開始から7年たっても80%以上を維持しているという。

 これまでに全国で発表された論文は67本。これらは環境省のエコチル調査ホームページで閲覧可能だ。神奈川UCの論文は「妊娠前及び妊娠中の身体活動が、分娩週数と分娩方法に及ぼす影響」の1本。来年は「予防接種」や「川崎病」などについて社会的に強いメッセージを持つ論文が出せる予定と話した。

 また、今年度から開始している学童期検査についての進捗報告も。調査参加者の55%が協力してくれたことに触れ、参加率をあげるための意見交換がなされた。

 「大きなデータでしか見えないものがある。政策や教育に還元できるような貴重なデータを得られるよう取り組む」と伊藤秀一センター長。県小田原保健福祉事務所のスタッフは「こうした疫学調査は、社会的にも非常に意義深い。地域に還元できれば」と話した。

あいさつする神奈川ユニットセンターの伊藤センター長(中央)
あいさつする神奈川ユニットセンターの伊藤センター長(中央)

エコチル調査

横浜市金沢区福浦3の9 横浜市立大学医学部内

TEL:045-782-2770

http://ecochil-kanagawa.jp

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

さすが、ドイツ!!

アフターコロナに安心のフォルクスワーゲン

さすが、ドイツ!!

5月23日号

修理・メンテは早めが正解

水廻り機器は依然供給不安定

修理・メンテは早めが正解

5月23日号

宝くじ

先生おしえて【19】

宝くじ

杏林堂クリニック 金城(かねしろ) 院長

5月16日号

コロナ禍にシロアリ舞う

(株)三和消毒 

コロナ禍にシロアリ舞う

床下のスペシャリスト

5月9日号

市民の声で市政は変わるまちの未来、改めて考えよう

意見広告「小田原の未来をつくる会」(未来会議)からのメッセージ

市民の声で市政は変わるまちの未来、改めて考えよう

5月2日号

おだわら起業スクール

5月23日開講 受講者募集

おだわら起業スクール

実践的内容で手厚くサポート

4月18日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク