息づく伝統を若者に みかん農家に学生訪問

経済

掲載号:2019年12月21日号

  • LINE
  • hatena
常盤さん(左)から話を聞く学生
常盤さん(左)から話を聞く学生

 湯河原町内で400年以上の歴史を持つみかん農家「さがさわ農園(常盤幸宏18代目推定)」が行っている昔ながらの手法を学ぶために12月2日、日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科産業社会学研究室(川手督也教授)の学生が同農園を訪れた。

 同農園では収穫したみかんをすぐに出荷せず、専用の貯蔵庫に一定期間保管し熟成させるという手法を取り入れている。酸味が減り滑らかな味になるのが特徴だが、手間と時間がかかることから現在、この手法で栽培しているのは町内に数件しかないという。研究室では「質の高い食を題材として、食をプロデュースすることを実践的に学ぶ」をテーマに取り組んでおり、同農園の貴重な手法を学び取り組みに生かそうと地元商工会を通じ訪問した。

 常盤さんは学生を土壁で作られた専用の保管場所に案内し、温度管理の大切さを説明した。その後、収穫作業を体験しみかんの試食が行われた。湯河原町在住の宮澤陸さん(3年)は常盤さんの手法を聞き「伝統的な手法をもっと広めていく必要があると思う」と話した。常盤さんは「若い人に湯河原のみかんを知ってもらう良い機会になった」と広がりに期待した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook