真鶴町 空き家を人の集う拠点に 建設会社が活用事業

社会

掲載号:2020年11月7日号

  • LINE
  • hatena
最後の仕上げに取り組む参加者
最後の仕上げに取り組む参加者

 真鶴町内にある約40年間の空き家が、会員制コミュニティーの拠点に生まれ変わり10月30日にオープンした。

 手掛けたのは、横浜市南区の(株)太陽住建(河原勇輝代表取締役)。拠点は、同社による社会貢献活動の体験型空き家活用事業「solar crew(ソーラークルー)」の第1号。河原社長が2年前に参加した、同町職員によるSDGs講演会で真鶴町に興味を持ったことが今回の拠点オープンにつながった。

 拠点の広さは約35平方メートル。普段は会員によるイベントの開催やシェアオフィスなどとして活用し、災害時には町の防災拠点として利用できるように一部の部屋には耐震補強が施されている。当日は、会員らが塗料を塗ったり、室内の装飾など最後の仕上げを行い、完成を祝った。

 松本一彦真鶴町長も訪れ、作業の様子を見守り「空き家対策は町にとって課題のひとつ。このような活用は理想の形」と今後地域との交流が増えることに期待した。河原社長は「私たちの取り組みを通じて地域とつながるきっかけとなり、そのつながりで課題解決と活性化に向かえば」と話した。町内2例目の拠点が、12月にオープンを予定している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

檜舞台でヴェール舞う

南鴨宮 尾崎美穂さん

檜舞台でヴェール舞う 文化

狂言師千三郎さんが協力

5月15日号

地元産材トンボ 球児に

報徳の森プロジェクト

地元産材トンボ 球児に スポーツ

スポーツ広場で使用

5月15日号

クールにゆたぽんPR

クールにゆたぽんPR 文化

湯河原町

5月15日号

70周年記念しゴール設置

小田原バスケ協会

70周年記念しゴール設置 スポーツ

上府中公園で新たに1基

5月15日号

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination 社会

5月15日号

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu 文化

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter