魅せられて、一本道

文化

掲載号:2020年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 はじめて判子を彫ったのは小学2年生の時。ひょんなことから父の代役を引き受けることになり、見様見真似で彫りあげた。もともと彫りの陰影で描く表現に惹かれていたというが、「もう時効かな」と笑う遠い記憶が、はじめの一歩だったのかもしれない。

 高校卒業後に入校した印章の職業訓練校で、「密刻」と出会った。絵と文字が融合した、華やかな一面を持つ世界に触れ「この時の感動が今の自分を支えている」と話す。翌年、全日印連技術大競技会に初出品。漢詩や背景にある歴史を学び、36mm角の世界に投影した。以来、後進指導にあたりながら「技術で示し続けないと」と、自らも研鑽に励み、密刻(木口、ゴム印)と角印の3部門で大臣賞に輝いた。今回の名工選出にも「まだやりたいこともたくさんあるし、通過点」。判子不要という昨今の風潮も感じてはいるが「印を押すことは意思を表すこと。決して色褪せないし、アナログは盗めない」と、道を極める姿勢に一切の揺るぎはない。

 文字を扱う印章と深い関わりを持つゆえ、30過ぎから書の道にも入った。最近は日中仕事に従事し、夜は印刀を筆に持ち替えて書道に没頭する。どちらも目を酷使し、精神を研ぎ澄ませる世界。「覚えて、身につけて…世界が拓ける感覚が何ともいえない」。老眼鏡の奥には、どこまでもまっすぐな道が見えている。

ゴム印の部(密刻)で経済産業大臣賞を受賞した作品(縮小)
ゴム印の部(密刻)で経済産業大臣賞を受賞した作品(縮小)

12/12 イヨダ人形大供養祭

予約不要。当日にイヨダ友の会入会で供養料0円。

https://www.iyoda-funeral.com/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

市役所に眠る作品に焦点

市役所に眠る作品に焦点 文化

7日からロビーで企画展

12月5日号

芝生化取り組みを紹介

芝生化取り組みを紹介 教育

学校関係者ら参加

12月5日号

今年は縁起物のみ出店

今年は縁起物のみ出店 文化

17、18日、飯泉観音だるま市

12月5日号

工夫凝らして呼びかけ

工夫凝らして呼びかけ 社会

小田原白梅LC(ライオンズクラブ)が献血

12月5日号

ボージョレ、露天風呂で乾杯

ボージョレ、露天風呂で乾杯 文化

箱根小涌園ユネッサン

12月5日号

自分らしさアートで表現

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク