根府川城址を今に遺す 有志団体が案内板を設置

文化

掲載号:2020年12月26日号

  • LINE
  • hatena
案内板を設置したねぶ川里山を守る会のメンバー
案内板を設置したねぶ川里山を守る会のメンバー

 戦国時代、後北条氏により築城されたとされる根府川城。急峻な地形と延々と続く土塁からなる遺構群は、今なおその跡を見ることができる。こうした根府川地区城郭遺構群を遺していこうと、地元の有志団体「ねぶ川里山を守る会(廣井隆史会長)」が11月29日、根府川城址の看板とあらましを記した案内板を設置した。

 30年程前、郷土史研究をライフワークとしていた内田一正さんは、山口隆さん(小田原城郭研究会)らと共同し、現地検証を重ねていたという。一正さんの死後、長い間眠ったままだった城址の全体図に光を当てようと、息子である内田昭光さんら守る会メンバーで再び現地へ赴き、案内板を完成させた。

 「長年の宿題を一つ形にできた」と安堵の表情をみせた昭光さん。同会では「今後も根府川の歴史の一つとして整備を続けていきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒蔵新設にCF(クラウドファンディング)

結婚する2人に思い出を

結婚する2人に思い出を 社会

6月27日 入籍イベント

6月19日号

尊徳翁の教えを学ぶ

尊徳翁の教えを学ぶ 文化

6月26日 第2回実践報徳塾

6月19日号

箱根町に50万円寄付

箱根町に50万円寄付 社会

国際ソロプチミスト小田原

6月19日号

七夕飾りづくり

七夕飾りづくり 文化

6月24日 ミニイベント

6月19日号

Chocolates from Odawara may save people in Africa

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Chocolates from Odawara may save people in Africa 経済

6月19日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter