桜井小4年 鈴木美羽(みはね)さん 「病気の子に笑顔を」 ヘアドネーションで支援

社会

掲載号:2021年4月24日号

  • LINE
  • hatena
切った髪を手にする鈴木さん(家族提供)
切った髪を手にする鈴木さん(家族提供)

 髪の寄付を通じ、頭髪を失った人を支援するヘアドネーションに参加しようと、小田原市在住の鈴木美羽さん(桜井小4年)が4月17日、子どもにウィッグを提供しているNPO法人JHD&Cに自身の髪を寄付した。

 ヘアドネーションは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪を失った子どもなどに向け、寄付された髪の毛で作ったウィッグを提供する活動。鈴木さんはテレビ番組でこの活動を知り「病気で髪を無くした子たちを支えたい」と、小学1年のころから寄付に向けて髪を伸ばし続けてきたという。ウィッグを作るには31cm以上が必要とされる中、測ってみたところ40cmほどまで伸びており、カットを決意。「髪の毛をいっぱい切るのでドキドキ」しながらもこの日、市内鴨宮の美容院「hair garden Straw」を訪れ、髪をカットした。

 鈴木さんは「髪の毛がどんどん抜けたりする子などがいてかわいそうだと思った。私の髪でその子たちを笑顔にできたらいいなと思う。ヘアドネーションができて良かった」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook