意見広告 僕らは夢ある未来を創る 神奈川県議会議員 高橋のぶゆき

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年は、コロナに始まりコロナで終わった1年でありました。新年早々、2度目の緊急事態宣言が発令され、先行きの見えないスタートとなってしまいました。4月7日には3度目の緊急事態宣言。10月24日の全面解除まで約10カ月に及ぶ自粛生活は、不安と不便を感じながらの日々だった事と存じます。

 その間、感染防止対策としてテレワークの推進、医療提供体制の整備、中小企業支援、児童・生徒の皆さんへの対策など、速やかな施策実施が求められ、県議会では、コロナ関係だけで12回もの異例の補正予算を議決、その規模は7000億円に上りました。

 昨年末には、多くの皆様のご理解により、神奈川県では8割の県民の方が、ワクチンの2度目の接種を終えております。

 従って本年は、第6波を警戒しつつも、新しい生活様式を整えて行かなければなりません。

 観光を主幹産業とする地域経済の落ち込みは特に深刻で、早急に適切な施策を行う必要があります。その1つとして、昨年の12月1日から、かながわ県民割補助事業が本年1月31日までの期間で始まっており、県内から多くの来湯者が期待されております。

 また今年は、国のGOTOトラベル、県独自のかながわ旅割等の観光需要喚起策も始まります。

 ただし経済のエンジンを回しながらも、コロナ感染対策は確実に施していかなければなりません。

 私は、県民の皆様のご意見を伺いながら、本年も引き続き、議会活動を通じて適切な施策を実施できる様、粉骨砕身努力して参る所存です。

高橋延幸事務所 

湯河原町土肥1-7-23-102

TEL:0465-62-5667

https://www.takahashinobuyuki.jp

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の意見広告・議会報告最新6

子育てしやすい小田原のまちづくりを!【5】

意見広告

子育てしやすい小田原のまちづくりを!【5】

小田原市議会議員 角田真美(つのだまみ)

4月30日号

ウイズコロナ、高める小田原の魅力

県政報告

ウイズコロナ、高める小田原の魅力

神奈川県議会議員 佐々木ナオミ

4月23日号

費用対効果を徹底し未来への投資を

市政報告

費用対効果を徹底し未来への投資を

小田原市議会議員 小谷(こだに)英次郎

4月23日号

消防団員の処遇改善などを強く要望

意見広告

消防団員の処遇改善などを強く要望

小田原市議会議員 川久保 昌彦

4月9日号

持続可能なまちづくりへ

新しい小田原へ 意見広告

持続可能なまちづくりへ

小田原市議会議員 大川ゆたか

3月26日号

小田原市の有機農業とSDGs

市政報告

小田原市の有機農業とSDGs

小田原市議会議員 井上まさひこ

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook