都筑区版 掲載号:2017年9月14日号

緑化フェア旭区会場

今秋限定 再公開へ 文化

花公園として整備

フェア開始時の大花壇
フェア開始時の大花壇
 今春市内2会場で開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」のメイン会場の一つ里山ガーデン(旭区)。横浜市はフェア開催に伴い整備された会場内の基盤を活用し、期間中約33万人が来場した花の拠点を再公開する。開催期間は9月22日(金)から10月22日(日)まで。

動物園との相乗効果狙う

 緑化フェアは3月25日から6月4日まで、臨海部のみなとガーデンと内陸部の里山ガーデンの2カ所をメイン会場に開催された全国規模の祭典。来場者数は全体で600万6154人。みなとガーデンは566万8543人、里山ガーデンは33万7611人だった。

 里山ガーデンの再公開は、フェア期間中30万人以上が訪れた会場の基盤を生かし、隣接するズーラシアへの誘客や、将来予定されている植物公園の整備へつなげていくのが狙い。

 緑化フェア開催中、市は来場者へのアンケートを実施しており、それによると里山ガーデンを訪れた来場者の33・6%は「隣接するよこはま動物園ズーラシアへも足を運んだ」と回答。市では秋の限定公開による、相乗効果に期待を寄せている。

コスモスなど約80種

 里山ガーデンの見どころは、コスモス・サルビア・マリーゴールドなど、約80種の秋の花に植え替えられる約1ヘクタールの大花壇。緑化フェア開催時にあったアスレチック施設などはすでに撤去されているが、園路などはそのまま活用される。また、キッチンカーの出店なども予定されている。最寄駅から遠いといったアクセス上の課題については、緑化フェア開催時と同様にバスの増便・延伸を実施。里山ガーデンでスタンプラリーに参加すると、ズーラシア当日入園料が半額になるなど、動物園と連携したイベントで誘客を促す計画だ。入場は無料。「緑化フェアを通じて、花の持つ魅力を発信できた。引き続き、花と緑を楽しめる場所にしていきたい」と市担当者は話す。

 今後については、林文子市長が定例会見で来春の公開について言及するなど、継続的な公開も検討されている。

関連記事powered by weblio


都筑区版のトップニュース最新6件

新体制で来季の活躍誓う

男子バスケ横浜ビー・コル

新体制で来季の活躍誓う

9月14日号

芸術劇場整備に意欲

林市長

芸術劇場整備に意欲

9月7日号

配置1カ月で103組利用

母子保健コーディネーター

配置1カ月で103組利用

9月7日号

防災無線未整備、検証へ

横浜市

防災無線未整備、検証へ

8月31日号

浜ぶどうが上位独占

折本町新井さん

浜ぶどうが上位独占

8月31日号

川向町で浸水5m超

鶴見川水系

川向町で浸水5m超

8月24日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/