金沢区版 掲載号:2013年7月25日号

金沢産業団地

京浜臨海部特区に追加 経済

経済波及効果に期待

 「京浜臨海部国際戦略総合特区」の対象区域に、新たに金沢産業団地を含む13拠点が加わる見通しとなった。現在調整中だが、8月上旬には事業主体の神奈川県と横浜市、川崎市が国に申請するという。指定されれば、拠点数は17に拡大する。

 京浜臨海部は2011年12月にライフイノベーション国際戦略総合特区(※)の指定を受けた。指定拠点は横浜市立大学附属病院(福浦地区)を含む4拠点。開始5年後の経済効果は2955億円を見込んでおり、すでに次世代医薬品や医療機器の新規開発などの事業が進行している。だが周辺企業からは「恩恵を受ける企業が限定されすぎているのでは」との声があがっていた。

 こうした声を受け、事業主体3者は拠点の拡大を検討。地域企業などとの話し合いを重ね、7月12日の会議で拡大する見通しを発表した。「開始から1年半。本来なら、もっと早く拡大すべきだった」と横浜市経済局新産業振興課の花内洋課長は話す。

 今回指定される見通しとなった金沢産業団地にはバイオや化学など幅広い分野の企業約640社が集積する。また20年以上前に市が整備した金沢バイオパークには、バイオ関連の企業研究施設が連なる。「個々に研究を進め発展してきたが、スピード感が要求されるこれからの時代は連携が必要」と話すのは金沢バイオパークにある癸巳(きし)化成の加瀬大明代表取締役。特区の強みを生かして、大学や研究機関、企業間の開発連携を深め、世界市場に対抗していきたい考えだ。

 具体的なプロジェクト内容は、正式な特区指定後に決定される。加瀬代表は「成功事例がでてくれば、地区全体も活気づく。年内には成果物を出していきたい」と意欲を見せる。

 市は「次世代医薬品と呼ばれるバイオ医薬品は、日本が大きな存在感を示し、リーダーシップを発揮しうる分野」と話す。プロジェクトの成功による、周辺中小企業の受注増や雇用の増加などの波及効果も見込まれている。

 ※国際戦略総合特区…バイオ関連や次世代エネルギーなど成長が期待される産業の集積拠点に対し、国が規制緩和や税制の優遇、財政・金融上の支援を行う。

金沢区版のトップニュース最新6件

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月19日号

がん患者の就労相談開始

横浜市立大学附属病院

がん患者の就労相談開始

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

5人に牡丹賞を授与

金沢区民栄誉賞

5人に牡丹賞を授与

1月12日号

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

2047人が門出

金沢区の新成人

2047人が門出

1月5日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『弩(ど)』著・下川博 講談社文庫文・協力/金沢図書館

    10月12日号

  • 金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第13回

    横浜唯一の大名武州金沢藩

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    10月12日号

  • 葉にできる不思議な瘤(こぶ)

    第2回 虫こぶ(虫癭(ちゅうえい)) 金子さんの草花の不思議発見

    葉にできる不思議な瘤(こぶ)

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月5日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク