金沢区版 掲載号:2017年1月5日号

(PR)

視力低下は認知症に影響も

金沢病院眼科・西澤医師に聞く

20年の治療経験を持つ西澤医師
20年の治療経験を持つ西澤医師
 「最近、物忘れがひどくなった」「ひょっとしたら、認知症?」と一度は思ったこともあるのでは。脳に入る情報の80%以上は目から得るもの。もし、目の病気になれば、脳には限られた情報しか入らなくなる。

 金沢病院の眼科部長の西澤きよみ医師は「高齢者3千人を対象にした調査で視力の悪い人は良い人よりも約2倍、認知症の発症リスクが高いというデータがあります。高齢化社会の中で多くの人が活躍できる社会にするためにも、目の病気を早期に発見し、治療することや目の健康を保つことはとても大切なことだと思います」と話す。

 西澤医師は横浜市立大学眼科で臨床や研究を重ね、20年以上の眼科経験を持つ。白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、ドライアイなどの様々な疾患に適切に対応してくれる。大きな病気も最初は「ぼやける」「かゆい」「目が重い」などの小さな症状から。40歳を過ぎ少しでも症状があれば、受診することを勧めている。

 また、金沢病院は横浜市立大学附属病院の数少ない連携病院として登録。大学病院レベルの白内障手術を受けることや、重症な疾患、最新治療もスムーズに受けることができる。さらに眼底三次元画像解析装置(OCT)をはじめ、各種最新機器やレーザー治療も病気の程度に応じて適切に受けることができる。

 「目が元気になれば、人も元気になる」――西澤医師は治療を終えた患者を見て、いつもそう思うという。

医療法人社団景翠会 金沢病院

横浜市金沢区泥亀2の8の3

TEL:045-781-2611

http://www.keisuikai.or.jp

金沢区版のピックアップ(PR)最新6件

子育て支援ボランティアセミナー

3月8日、いきいきセンター金沢3階会議室で開催。現在、参加者募集中。

http://www.kana-iki.net/

最大4万円の家賃補助付

金沢文庫駅徒歩3分の横浜市高齢者向け住宅 残りわずか

http://www.powersunlimited.co.jp/company/shops.html#eswsComponent-1347549742355

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

金沢区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 天使が3回キスして3色に

    季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

    天使が3回キスして3色に

    日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    2月16日号

金沢区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/