金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号

南部市場

大和リース 「賑わい」創出へ 社会

2019年の開業目指す

テーマは「食のライブマーケット」(写真/横浜市)
テーマは「食のライブマーケット」(写真/横浜市)

 横浜市が昨年7月から公募していた、横浜南部市場(金沢区鳥浜町)の賑わいエリアを活用した「にぎわい創出事業」は、優先交渉権者に「大和リース株式会社 横浜支店」が決まった。今後は事業化に向け計画を進行予定。市場ならではの食を発信する、にぎわい創出の場として2019年の開業を目指す。

 15年3月末に、中央卸売市場の役割を終えた横浜南部市場。市は、加工・配送などで本場を補完する「物流エリア」(約12・2 万平方メートル)と、公募事業者が活用する「賑わいエリア」(約4・7 万平方メートル)に分け整備を進めている。今回賑わいエリアの活用に手を挙げたのは4グループ。外部有識者で構成された選定委員会が審査した。大和リースは「食の拠点としてのイメージを活かす」「市場ならではの食を堪能できる」などの事業コンセプトに則した具体的な提案で最優秀に選ばれた。また、既存の食品関連卸売センターを残した一体性のある活用も高く評価された。

 今年中には定期借地契約などの手続きや設計を進め、18年に着工予定。19年中の開業を目指す。

「市場」生かすコンテンツ

 提案のコンセプトは「食のライブマーケット」。発見・体験・発信が3本柱だ。地元や各地の食材を集めた専門店や市場ならではの活気が味わえる店舗群、のっけ丼や野外シネマ、海辺広場など食を五感で楽しむコンテンツ、地域と連携した体験イベントや食育などの食文化発信で構成される。

 延床面積は約2・2万平方メートルで地上3階建、775台の駐車台数を見込む。今後は物流エリアとの動線整備の検討や、既存店舗との調整を進める。既存店にとっては競合店の出現となるが、同センターで青果物卸を営む戸塚泰輔社長は「これをチャンスと捉え、負けないよう再勉強したい」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

「安心の食」カフェで提供

大川在住山内さん

「安心の食」カフェで提供

4月20日号

初診待ち最長4カ月

発達障害児

初診待ち最長4カ月

4月20日号

3選手が日本代表に

横浜ジュニアヨットクラブ

3選手が日本代表に

4月13日号

25年ぶり関東大会出場へ

磯子港南リトルシニア

25年ぶり関東大会出場へ

4月6日号

校歌合唱で歴史に幕

釜利谷西小西金沢中

校歌合唱で歴史に幕

4月6日号

日本一へ「ベスト尽くす」

横浜DeNAベイスターズ

日本一へ「ベスト尽くす」

3月30日号

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五月人形 期間限定で展示

根岸なつかし公園

五月人形 期間限定で展示

大正から昭和の兜など

4月15日~5月7日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 瀬戸神社と琵琶島神社

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第2回

    瀬戸神社と琵琶島神社

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    4月20日号

  • 横浜最古 野島の貝塚

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第1回

    横浜最古 野島の貝塚

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を経て、地元の歴史を振り返る

    4月13日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『金沢八景』 中沢けい著(『街物語』朝日新聞社所収)文・協力/金沢図書館

    4月13日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/