金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月4日号

金沢区富岡地区

3商店街で消防団応援 社会

団員増や地元活性化狙う

商店街会長らが持つステッカー掲示店でサービス提供
商店街会長らが持つステッカー掲示店でサービス提供

 金沢区富岡地区の3商店街(富岡商和会、富岡中央商店会、富岡みどり会商店街)が消防団応援の取り組みを4月から始めた。金沢消防団第一分団の団員とその家族が、商店街の全56店舗で割引などのサービスが受けられる。団員数の増加や商店街活性化が狙い。

 同取り組みでは、団員に家族も使える専用カードを配布。「がんばれ消防団」と書かれたステッカーが貼られた参加店でカードを提示すると割引などのサービスが受けられる。富岡商和会の鈴木道弘会長=写真右端=は「団員は仕事をしながら地域貢献している。応援するのは商店街の務め」と話す。合わせて商店街を使う人が増えればと願う。

 地域防災の要である消防団員の確保は全国的な課題だ。横浜市では増加傾向にあるものの、団員の高齢化や昼間に地域にいないサラリーマン団員の増加に伴い、実働能力の低下が指摘される。富岡や能見台を管轄する第一分団は現在、定員74人に対し70人で充足率は約97%。分団長の野本則明さん=同左から2人目=は、「震災に備え、100%を目指したい」としている。「大きな災害時には、地元消防団の力が不可欠となる。自分の街は自分たちで守らないと」と話す。

 磯子区では2014年、市内初となる「消防団応援の店」事業が開始。「利用者の喜びの声も届いている。満足度と定着率アップに寄与していると思う」と磯子消防署の担当者は話した。
 

関連記事powered by weblio


金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

2人、2団体が全国へ

スポーツ「支える人」育成へ

災害時ドローンを活用

金沢警察署

災害時ドローンを活用

8月10日号

林文子氏、大差で3選

横浜市長選

林文子氏、大差で3選

8月3日号

横浜、連覇で甲子園へ

県高校野球

横浜、連覇で甲子園へ

8月3日号

耐震化に資金・合意の壁

道路沿い建築物

耐震化に資金・合意の壁

7月27日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『時こそ今は』太田治子著 筑摩書房文・協力/金沢図書館

    8月17日号

  • 金沢八名木と金沢四石

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第9回

    金沢八名木と金沢四石

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    8月10日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/