金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月18日号

前金沢消防団長小澤さん

長年の功績に瑞宝双光章 社会

親子2代で団率いる

分団小屋前に立つ小澤さん
分団小屋前に立つ小澤さん

 金沢消防団の一員として45年に渡り地域を守ってきた小澤市三さん(瀬戸在住・70歳)が、2017年春の叙勲で瑞宝双光章を受章した。2010年から7年間は金沢消防団長として尽力。5月15日に東京都港区で行われた伝達式で、小澤さんに勲章が授与された。

 瑞宝双光章は公務などに長年従事し功績を残した人に贈られる。今春は全国で1025人が受章。そのうち消防関係者は110人で、神奈川県からは唯一、小澤さんが受章した。初代団長を務めた父親と共に、親子二代で地域の安心づくりに貢献してきた。

 「立派な章をいただき光栄。個人ではなく団の皆でもらった章」と笑顔を見せる小澤さん。「自分たちの街は自分たちで守る」という原点のもと、行政や自治会・町内会などと連携を強めてきた。「金沢区は支えが多い。大きな災害時のため顔の見える関係をつくろうと、行事などに参加させてもらっている」

 父は20年指揮を執った初代団長。「六浦中学時代に東洋化工で起こった爆発は、窓ガラスが割れるほど。あれは怖かった」と振り返る。真っ先に決死隊を結成し、飛び込む覚悟で現場に向かったのが父だった。「男気があった。称名寺など貴重な場所が多い金沢区は特に、思いの強い人が多い」と話す。

 だが東日本大震災以降、団員によく言い聞かせるのが「まずは自分の身を大切に」ということ。街を守ろうと犠牲になった何百もの同じ団員のニュースが胸を打った。「体調に不安があったり家族の安否がとれなかったりすると、活動に支障がある。まずは自分が生き抜かないと、誰も助けられない」。病を患った昨年3月末、同じ信念のもと「先頭には立てない」と退団を決意した。

 46歳の長男も現在、小澤さんの出身の第7分団に在籍。「3代合わせて130年くらい」と笑う。「今は学生も女性も入団しているよう。自分の街は自分で守るという志の高い人が育てば」と期待する。現役は退いたが「章に恥じぬよう、男に生まれたからには真っ直ぐ生きたい」と襟を正した。
 

6/4くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

活性化プランを策定

金沢臨海部

活性化プランを策定

5月25日号

動画再生5千万回越え

東京ハイジ制作「はみがきのうた」

動画再生5千万回越え

5月25日号

「カード手渡し型」が増加

振り込め詐欺

「カード手渡し型」が増加

5月18日号

金沢動物園で走行実験

自動運転バス

金沢動物園で走行実験

5月11日号

区役所に若者支援窓口

横浜市ひきこもり対策

区役所に若者支援窓口

5月11日号

3商店街で消防団応援

金沢区富岡地区

3商店街で消防団応援

5月4日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『金澤八景』 田山花袋著(『東京近郊一日の行楽』博文館所収)文・協力/金沢図書館

    5月25日号

  • 六浦津と朝夷奈切通

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第4回

    六浦津と朝夷奈切通

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    5月25日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 三殿台遺跡

    5月25日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/