金沢区・磯子区版エリアトップへ

横浜市立大

時代が求める人材育成を

来春、データサイエンス学部を新設

掲載号:2017年9月14日号

  • googleplus
  • LINE
岩崎学センター長
岩崎学センター長

 横浜市立大学(窪田吉信学長)は来年2018年4月からデータサイエンス学部を新設する。データサイエンスを冠する大学学部としては首都圏初、全国でも2例目となる。その学部新設の背景や学部概要などを同大学データサイエンス推進センターの岩崎学センター長に聞いた。



 ――データサイエンス学部新設の背景は?

 岩崎―コンピュータやネットワーク上では日々、膨大なデータが蓄積され続けています。しかし、いかに膨大なデータがあっても、活用できなければ宝の持ち腐れ。使える形に活用できる人材が、現代では圧倒的に不足しています。今後さらに社会的需要は増していくと考えられるため、データサイエンスの基礎を持ち、ビジネスや社会問題の課題解決に対応できる人材育成は急務になっています。

 ――なぜ横浜市立大学だったのですか?

 岩崎―横浜市自体がオープンデータ化を推進していて、データ活用に理解があったことも一因。また県内で唯一、公立大学医学部があるため、医療・健康方面での活用も期待できます。

 ――どんな学部ですか?

 岩崎―文系・理系の枠組みを超えた文理融合の学部です。学生の定員は60人で教員は16人を予定しています。データを読み解くために必要な統計学と計算機科学をベースに、社会で不可欠なコミュニケーション力やイノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成します。 ――今後の展望は?

 岩崎―データサイエンスという学問を広く知ってもらうためにも、なるべく早く大学院を設置できれば。横浜市大を世界に誇れる大学にしていきたいですね。

  • googleplus
  • LINE

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新3件

9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

<PR>