神奈川区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

横浜駅きた西口

鶴屋橋が全面開通 社会

歩行者の回遊性を期待

テープカットを切る平原副市長ら
テープカットを切る平原副市長ら
 2014年5月から進めてきた横浜駅きた西口近くにある鶴屋橋の架替工事がこのほど、完了した。横浜市は9月29日、開通記念式を催し全面開通となった。鶴屋橋の老朽化への対応と、1日5万人以上の歩行者が利用するには歩道が狭いことから、架け替えに着手。歩道幅員を5mにしたことで、横浜駅「きた西口前広場」と「鶴屋町地区」の回遊性が高まることを期待している。

 横浜市は横浜駅周辺を「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」をテーマに「エキサイトよこはま22」の事業に取り組んでいる。1955年頃架橋された旧橋は、老朽化が進み歩行者の利用も増加した。そこで同事業のなかで、架け替えを決定し2014年5月に着手した。 

 1日5万人以上の歩行者の利用が見込めるなかで、歩道の幅員を3mから5mにまで拡大した。

交通規制も変更

 鶴屋橋の開通により、自動車の通行が横浜駅西口から鶴屋町方面への一方通行となる(橋を渡り左折のみは可)。また、歩行者と車が錯綜していた横浜駅とモアーズの間の道路は、歩行者専用となる。

 平原敏英副市長は「『きた西口広場』と『鶴見町地区』の回遊性が高まることで、あらたな賑わいと地域の発展に繋がるものとなる」とあいさつ。小松範昭市会議員は「開通により、地域の連携と一体感も助長され、神奈川区の魅力が橋を通じて発信できることを期待している」と話した。

関連記事powered by weblio


神奈川区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月12日号

「第二の故郷に恩返しを」

芥川賞作家新井満さん

「第二の故郷に恩返しを」

10月12日号

小此木氏に3氏挑む構図か

衆院選3区

小此木氏に3氏挑む構図か

10月5日号

「特養倍増」など盛り込む

18年度重点施策

「特養倍増」など盛り込む

9月28日号

民間サポートで体力向上

白幡小児童

民間サポートで体力向上

9月28日号

市民病院、再整備へ着工

いき愛子

日本まるごとイキイキさせたい! 080-3755-9920

http://iki-aiko.net/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク