神奈川区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

横浜駅きた西口 鶴屋橋が全面開通 歩行者の回遊性を期待

社会

テープカットを切る平原副市長ら
テープカットを切る平原副市長ら
 2014年5月から進めてきた横浜駅きた西口近くにある鶴屋橋の架替工事がこのほど、完了した。横浜市は9月29日、開通記念式を催し全面開通となった。鶴屋橋の老朽化への対応と、1日5万人以上の歩行者が利用するには歩道が狭いことから、架け替えに着手。歩道幅員を5mにしたことで、横浜駅「きた西口前広場」と「鶴屋町地区」の回遊性が高まることを期待している。

 横浜市は横浜駅周辺を「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」をテーマに「エキサイトよこはま22」の事業に取り組んでいる。1955年頃架橋された旧橋は、老朽化が進み歩行者の利用も増加した。そこで同事業のなかで、架け替えを決定し2014年5月に着手した。 

 1日5万人以上の歩行者の利用が見込めるなかで、歩道の幅員を3mから5mにまで拡大した。

交通規制も変更

 鶴屋橋の開通により、自動車の通行が横浜駅西口から鶴屋町方面への一方通行となる(橋を渡り左折のみは可)。また、歩行者と車が錯綜していた横浜駅とモアーズの間の道路は、歩行者専用となる。

 平原敏英副市長は「『きた西口広場』と『鶴見町地区』の回遊性が高まることで、あらたな賑わいと地域の発展に繋がるものとなる」とあいさつ。小松範昭市会議員は「開通により、地域の連携と一体感も助長され、神奈川区の魅力が橋を通じて発信できることを期待している」と話した。

神奈川区版のトップニュース最新6件

文部科学大臣から表彰

幸ケ谷共育俱楽部

文部科学大臣から表彰

12月14日号

「野菜の移動販売」スタート

菅田ハイツ自治会

「野菜の移動販売」スタート

12月14日号

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

「振り込め詐欺」手口巧妙に

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

文部科学大臣から優良表彰

大口台小PTA

文部科学大臣から優良表彰

11月30日号

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民防災センターで20万人突破

市民防災センターで20万人突破

1月31日まで記念イベント

12月1日~1月31日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク