宮前区版 掲載号:2017年4月14日号

有馬中学校野球部

「0回表に全力を注ぐ」 スポーツ

初の全国大会でベスト8に

成長を続けるチームの目標は「全国制覇」
成長を続けるチームの目標は「全国制覇」
 市立有馬中学校野球部が、先月開催された文部科学大臣杯第8回全日本少年春季軟式野球大会に出場。初の全国大会で見事ベスト8入りを果たした。快挙の要因はチーム方針の「0回表に全力を注ぐ」にあった。

 有馬中野球部は、昨年秋に3年生が引退し1・2年生29人の新チームが始動。9月の文部科学大臣杯県予選で優勝後、関東大会も突破。初の全国切符を得た。

 同大会は、中学1・2年生(新2・3年生)対象の、学校・クラブを問わないチームによる大会。全国大会は先月24日から27日まで静岡県内で開催され、32チームが出場した。

 有馬中は1、2回戦を勝ち上がり8強に進出。準々決勝で高知県代表の明徳義塾中に1対7で敗れた。

 同部の副顧問を3年務め、昨年度から顧問(監督)となった佐藤拓也教諭(31)は「体も大きくなく、図抜けた選手はいない」というチームの発足時に、勝ち抜くための策として「チームの約束・方針を徹底すること」を諭した。それは戦略・技術的なことではなく、「挨拶など普段の生活から何事にも真摯に取り組むこと。そして一瞬・1秒・1球…”1”を大切にすること」。佐藤教諭そして瀧口颯(はやて)主将(3年)ともに「試合前までの準備で勝敗は決まる。0回表に力を注ぐ」と口を揃えることからも深い共通理解が窺える。

 選手たちが練習を大切にし、互いに声を掛け合いチームとして成長を続ける。それを実感する瀧口主将は「目標は全国制覇」と言い切った。

宮前区版のトップニュース最新6件

猫用名札を無料配布

川崎市

猫用名札を無料配布

5月26日号

乗合車両で買い物支援

宮前区社協

乗合車両で買い物支援

5月26日号

石川氏 五輪選手育成へ

ブレイクダンススクール主宰

石川氏 五輪選手育成へ

5月19日号

「市民救命士」講習が有料化

川崎市消防局

「市民救命士」講習が有料化

5月19日号

障害者見守る環境づくり

社会福祉法人みのり会

障害者見守る環境づくり

5月12日号

市内の看護職不足が深刻

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/