神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

菅生に大型リユース拠点 官民連携でごみ削減へ

社会

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
外観イメージ=市提供
外観イメージ=市提供

 脱炭素社会の実現に取り組む川崎市は4月19日、官民連携で運営するリユース拠点「ジモティースポット川崎菅生店」(菅生4の14の5)を開設する。ごみを減らし、循環型社会の促進につながることが期待されている。

 市は2050年の脱炭素社会の実現に向けた取り組みの一環として、リユースを通じたごみ削減を推進。株式会社ジモティー(本社・東京都品川区)と協定を締結し、2021年度から実証実験を行っている。

 ジモティースポットは、市民から再利用可能な不要品を無償で引き取り、必要とする人に販売または無償で譲渡する仕組み。市は市民への周知とリユースできない品の回収を行い、同社が拠点の運営とスタッフ雇用、インターネット上への情報掲載を担っている。

180tの削減効果

 駅近の既存拠点で一定の反響が得られたことから、より効果的な運用方法を検討するため、郊外型の拠点をオープンさせる。22年11月に開設した多摩区宿河原の拠点では、1年間で約4万品のまだ使えるモノを必要とする人に譲渡・販売し、約180tのごみ減量に貢献した。

 新たにオープンする川崎菅生店は、敷地面積約300平方メートル、売り場面積約250平方メートルの規模を誇る。同社が官民連携で運営するリユース拠点の中で、初の大型店だ。駐車場も24台用意。持ち込む際の事前予約が不要で、これまでであれば廃棄されていた可能性が高い、家具や家電、レジャー用品などの持ち込みが可能となる。市の担当者は「使用済み製品をより効率的にリユースし、ごみ減量を最大化する方法を検証していく」と話している。

宮前区版のトップニュース最新6

信頼される区政へ

就任インタビュー

信頼される区政へ

齋藤区長、展望語る

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

川崎の業者が「助っ人」

多死社会

川崎の業者が「助っ人」

都会の遺体安置場所不足

5月10日

念願の会館が完成

馬絹町内会

念願の会館が完成

土地寄付で実現

5月10日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月3日

「想定超」の4万7000人

川崎市健康アプリ

「想定超」の4万7000人

企業活動、口コミで拡大

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook