町田版 掲載号:2014年2月27日号

市長・市議選

2期8年の実績を評価

現職26人が再選

当確の報を受け万歳する石阪丈一氏(23日午後11時ごろ)
当確の報を受け万歳する石阪丈一氏(23日午後11時ごろ)
 任期満了にともなう町田市長選、市議選は23日、投開票が行われ、市長選は現職の石阪丈一氏(66)が新人3人を退け、3選を決めた。定数36に対し41人が立候補した市議選は、現職26人、元職1人、新人9人が当選した。

 石阪氏は午後11時ごろ、市内の事務所で「2期8年、サービス改革のほか、少子高齢化の中、どうやって保育していくか、高齢者介護をどうするかも、全国に例の無い取り組みが認めていただいた」とこれまでの実績に対して市民の評価を分析した。今後については「交通機能の充実と地域経済の活性化」をあげ、多摩モノレールへの道すじをつけるとともに、小田急多摩線延伸についても「確実に事を運びたい」と訴えた。「20年、30年先を見据えたまちづくりも、市民の皆さんから期待を込めて投票していただいたのだろう」という。

 新人の斎藤祐善氏は市内の事務所で記者の質問に対し「私自身が声を届けきれなかったという結果。また都知事選に巻き込まれ、その構図を突破する力を出し切れなかった」と述べた。木原信義氏は「結果は残念だが、政策への共感は市民の方々に広がったと思う。今後も福祉、教育一番という視点で市政をチェックしていきたい」という。仲政江氏は「4年後を目指して活動を開始したい。ゴミ問題は日常から取り組んでいきたい」と話した。

 市長・市議選ともの投票率は41・33%で前回(2010年)より8・69%下回り過去最低だった。

市議選立候補者の得票数
市議選立候補者の得票数

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り門松で迎春

手作り門松で迎春

小山田緑地の里山カレッジ講座

12月16日~12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク