神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年4月25日 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の140

公開:2024年4月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

春を迎える

 雑草という括りは好きではない。雑草魂なんていう言葉があるが、これは雑草のような一般人の中から、努力して成功者になった人を称賛すると共に、努力すれば誰でも立派な花を咲かせることができるという例え。小さくとも目立たなくとも、名があり、個性があり、花が咲く。

 ただし人間目線だと見えにくかったり、地味だったりするだけのこと。反対に花が地味でも葉が大きくて見た目がよかったり、葉っぱや根っこや果実が美味しかったり、薬効があったりすると、雑草の括りに含まれなくなる。

 そんな人間のわがままな括りに「貧乏草」などと呼ばれるハルジオンやヒメジオン。松任谷由実が歌にしたことでほんの少しメジャーになりかけたものの、依然として雑草として扱われる。花の色に個体差があり、その区別の仕方は茎に出る葉の巻き方の違いらしいが、ぱっと見で判別は難しい=写真。どちらも帰化植物で、荒れ地などの劣悪な環境にも強く、繁殖力も旺盛。どこにでも生えるから貧乏草という呼ばれ方までされている。

 しかし、春を味わうなら七草粥よりもお手軽で美味しい。以前、旧暦七草の頃に七草を探してみたが、2月初旬にコオニタビラコ(ホトケノザ)やナズナ、チチコグサ(オギョウ)の若芽を集めるのは容易ではなかった。しかし、ハルジオンやヒメジオンはどこでも勝手に出てくる。蕾が上に向いていない15センチくらいの若い茎と葉が食べごろ。天ぷらやおひたしで春の苦みもほどよく味わえる。蕾が上を向いて開いてしまい、一面に繁茂するようになると、申し訳ないが雑草の括りの代表格に戻ってしまう。

 一方、人間の価値は身体的な成長が止まってからが、本当の人間的な成長の真価が問われる。これは国家にも言えること。経済が発展して生活レベルが向上し、とっくに成熟していなければならない国々が、今も軍事力でけん制しあっている。ミサイルを打ち合っている。それに比べたら日本の中枢は、裏金問題でやったやらない、知りません、なすりつけ合い。あるかないか分からない記録の終わらない精査。小さい。せこい。成長してない。国際的な秩序と連携の構築とか、立派な理想を外に発信しているあの方も、取り巻きの閣僚も、殊に選挙が近づくと足元のご機嫌をうかがう。

 雑草と侮るなかれ。食えたり、薬になったり、繁茂して足をすくわれることもある。穏やかに春を迎えたいなら、まず自分を整えてから。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の142町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の141

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の141

5月2日

宮司の徒然 其の140

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の140

4月25日

宮司の徒然 其の139

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の139

3月7日

宮司の徒然 其の138

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の138

2月22日

寒い冬は身体を芯から温めるドイツ風ポトフで決まり!

クロイツェル店主が教える簡単レシピ【1】

寒い冬は身体を芯から温めるドイツ風ポトフで決まり!

2月15日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook