町田版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

わんぱく力士が熱戦 スポーツ

400人以上が参加

大歓声の中、大人顔負けの真剣勝負が繰り広げられた=13日総合体育館
大歓声の中、大人顔負けの真剣勝負が繰り広げられた=13日総合体育館
 大相撲町田場所に負けない子どもたちの白熱した取り組みに会場が湧いた―。今年50周年を迎える町田青年会議所ほかが主催した第36回「わんぱく相撲町田場所」が、5月13日に市立総合体育館で行われた。

 昨年度5年生横綱の島田巧土君の選手宣誓で始まった今大会の参加者は400人以上。会場内に4つの土俵が設置され、幼児の部、男子(小学1〜6年の学年別)の部、女子(1〜3、4,5,6年の4つ)の部に分かれてトーナメント戦を実施。負けてくやし涙を流す姿も見られるほどの熱戦が繰り広げられ、保護者など周囲からも熱の入った声援が飛んだ。

 1位から3位までに横綱、大関、関脇の番付が与えられた。優勝者は男子の部は幼児の部が岡野律希ちゃん(年少・年中組)、恵良武真ちゃん(年長組)、小学生の部は高橋空君(1年)、後藤悠志君(2年)、田中源太郎君(3年)、池田健心君(4年)、佐藤康生君(5年)、山本伶男君(6年)。女子の部は勝山詩優ちゃん(低学年の部)、松山杏奈ちゃん(4年)、川西恵理菜ちゃん(5年)、田中美麗ちゃん(6年)。

 4年生以上の優勝者は6月25日に東久留米で開催される東京都大会に出場し、そこで優勝すると7月25日に両国国技館で行う全国大会への出場が決まる。

 同青年会議所の小林祐士理事長は「勝ちたいという子どもたちの本気さには見ているこちら側も熱くなります。36回目と恒例の行事になりましたが、今回も保護者のみなさんを含め、多くの方に楽しんでもらえる大会になってよかった」と話した。

女子の部も白熱の取り組みが行われた
女子の部も白熱の取り組みが行われた

関連記事powered by weblio


見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

72時間を支え合う

72時間を支え合う

桜美林大で忠生地域ケア会議

10月21日~10月21日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク